しんのすけ「……」 - SSまとめ部

しんのすけ「……」

TVアニメ20周年記念 クレヨンしんちゃん みんなで選ぶ名作エピソード ひと味ちがう必見編 [DVD]
1::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 13:38:04.24 ID:307W3a8O0
みさえ「しんのすけ!おもちゃ出しっぱなしにしない!」

しんのすけ「ほほ〜い、オラまさおくんち行ってくる〜!」

みさえ「あっこら!!」

タッタッタッタ

みさえ「はあ…」



しんのすけ「まーさーおーくん!おーい、オラだよー!まーさーおーk」

まさお「しんちゃん、僕の家はこっちだってば!」

しんのすけ「おお〜これはちゃっかり」

まさお「うっかりでしょ…いい加減にしてよ、向こうの家の人に迷惑かかっちゃうでしょ…」
4::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 13:58:06.64 ID:307W3a8O0
しんのすけ「おばさんこんにちは!おお〜ケーキ用意してくれたのか、まさおくんさすがですな〜」

まさお「ええっ違うよ!これは今日の夜ご飯の後に食べようと思ってて…」

しんのすけ「ほほ〜夜ご飯もごちそうしてくれるんですか!オラエビグラタンがいいなぁ」

まさお「なんでそうなっちゃうの!」

まさおママ(まさお!いいから!)

まさお(でもママ…!)

まさママ(任せなさい)

まさママ「しんちゃんごめんなさいねぇ、今日はお客さんがくるのよ」

しんのすけ「オラのことをお客さんだなんて照れますなぁ」

まさお「違うでしょ」

まさママ「あらあら、もうこんな時間!もう少しでお客さんが来ちゃうわ。しんちゃんごめんね、今日はちょっと遊べないのよ」

まさお「そ、そうだよしんちゃん、せっかく来てくれたのにごめんね」

しんのすけ「え〜もうしょうがないなあ」
6::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 14:02:36.57 ID:307W3a8O0

まさお「ふう…」

まさママ「もうすぐ高校生になるんだから、いい加減あの子との付き合いはやめなさい」

まさお「わかってるよママ」

まさママ「あの子は学校でもああなの?」

まさお「うん…ずっとあんな感じだよ」

まさママ「はあ…」
12::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 14:19:34.63 ID:307W3a8O0
しんのすけ「まったく〜これだからマサオ君は」

テクテクテク

しんのすけ「お?お〜いネネちゃ〜ん!」

ネネ「は?」

しんのすけ「いや〜奇遇ですなあ」

ネネ「あ?意味わかんねーし。話しかけてくんなっつったろ。つかなんでお前ここいんだよ」

しんのすけ「甲斐性なしのマサオ君に愛想を尽かしてでてきたのよ〜」

ネネ「あーはいはいキモいキモい」

しんのすけ「そういうネネちゃんは何してるの?」

ネネ「あ?お前に関係ねえだろ」

しんのすけ「ああんいけずぅ〜」
13::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 14:23:04.26 ID:307W3a8O0
ネネ「ちょ、マジキモいからやめてくんない。彼氏と待ち合わせしてんだよついてくんな」

しんのすけ「ああ、あのライオンみたいな髪の人か!」

ネネ「あ?なんだてめー調子乗ってんじゃねえぞこら」

しんのすけ「まあまあまあ。お似合いだと思うゾ、髪の色とか」

ネネ「はあお前マジウザい。つか周りから変な目で見られるから話しかけてくんなっつっただろうが」

しんのすけ「そんなぁ〜幼稚園からの仲じゃないですか」

ネネ「胸糞悪い、消えろ」

しんのすけ「はあ〜もうしょうがないなぁ。じゃ、バイバーイ!」

ピッ

ネネ「あっもしもし〜?うん、もうちょっとで着くよぉ☆」

しんのすけ「…」
16::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 14:28:15.15 ID:307W3a8O0


しんのすけ「ふぅ〜やれやれですなぁ、よし、じゃあカザマ君とでも遊んでやるか!」

テクテクテク

カザマ「あれ、しんのすけ?」

しんのすけ「おお!カザマ君!ちょうど探してたとこだゾ!」

カザマ「そう、何か用でもあった?」

しんのすけ「いやあちょっと二人きりでお話したいと思って〜」

カザマ「はっ相変わらずだなお前は」

しんのすけ「みんなが変わりすぎなんだゾ!」

カザマ「うちは今引越しの準備で散らかってるから、カフェにでも行こうか」

しんのすけ「おお!かふぇかふぇ〜」
22::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 14:36:43.99 ID:307W3a8O0
しんのすけ「おお…こんなとこ母ちゃんとも入ったことないゾ…」

カザマ「何がいい?ここの紅茶はおすすめだけど」

しんのすけ「ほほ〜じゃあオレンジジュースで」

カザマ「しんのすけはどこまでもしんのすけだな」

しんのすけ「いやぁ〜照れるなぁ〜」

カザマ「誉めてない」

しんのすけ「おっなんか懐かしいゾ!」

カザマ「ははっ何言ってんだお前、毎日のようにやらせてるだろ」

しんのすけ「あっお金お金っと」

カザマ「いいよ、飲めよ。ここに来ようって言ったの俺だし」

しんのすけ「えっいいの!ありがとござます〜」

カザマ「美味いか?」

しんのすけ「お〜これ美味しい!!こんなの今まで飲んだことないぞ!」

カザマ「そうか、よかったな」

しんのすけ「カザマ君は優しいね!」
24::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 14:41:58.75 ID:gWv/to5O0
おしり挿入はまだかな
25::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 14:44:19.48 ID:307W3a8O0
カザマ「なんだよ急に気持ち悪いな」

しんのすけ「カザマ君は東京の高校に行くんだっけ?」

カザマ「ああ、うちの中学のだいたい半数は東京の私立高校に行くんだよ」

しんのすけ「ここから通えばいいのに〜」

カザマ「それも考えたけど、やっぱ色々効率悪いしな」

しんのすけ「お家は?」

カザマ「都内にマンションかりたよ。一人暮らしにはちょっと広いけど」

しんのすけ「ほほ〜じゃあオラそこのベランダに住むゾ!」

カザマ「はっしんのすけの場合本当にやりそうで怖いよ」
27::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 14:50:52.91 ID:307W3a8O0
しんのすけ「カザマ君今日はありがとうごちそうさま〜」

カザマ「ああ」

しんのすけ「おっネネちゃんだ!」

カザマ「ネネちゃん?懐かしいなー!どこ?」

しんのすけ「あそこだゾ、ほらあれ」

カザマ「ん?どこだ…?」

しんのすけ「あれだゾ、金色の髪の毛の二人組みの女の方!」
30::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 14:57:57.28 ID:307W3a8O0
カザマ「金髪…えっあれ?」

しんのすけ「そうだゾ」

カザマ「えっあれネネちゃんなの?」

しんのすけ「いかにもたこにも」

カザマ「えー…」

しんのすけ「どうしたの?」

カザマ「ああ、あの…変わったね」

しんのすけ「まったく参っちゃうでしょ〜。ってカザマ君も人のこと言えないゾ」

カザマ「えっそう?」

しんのすけ「うんうん、おねいさん達をとっかえひっかえ〜」

カザマ「おい嫌なイメージ持つなよ」

しんのすけ「せっかく久しぶりに会ったんだから挨拶してくれば〜?」
32::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 15:06:44.94 ID:307W3a8O0
カザマ「そうだな、しばらくこっちには戻ってこないし」

しんのすけ「おーい、ネネちゃ〜ん!」

ネネ「…」

ネネ彼「あ?なんか呼ばれてんぞ」

ネネ「シカトでお願いします」

ネネ彼「了解でっす」

しんのすけ「お〜い、ネネちゃんってば!」

ネネ「ああもう!なんなんだよ野原てめえ話しかけてくんなっつったろ!!」

カザマ「えっ」

ネネ「あ?なんかもんk……おい野原、この人はどちらの方?」

しんのすけ「誰だと思う〜?」
34::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 15:12:20.77 ID:307W3a8O0
ネネ「知らねえから聞いてんだろタコ」

ネネ彼「おいてめえネネに何の用だよコラ」

グッ

しんのすけ「おっ?」

ネネ「キャハハハハ!!超ウケる!!」

ネネ彼「何の用だよって聞いてんだよ」

しんのすけ「ネネちゃんのお友達です」

ネネ「なんかそいつぅ、話しかけてくんなって言ってんのにウチ見つけるとすぐ近寄ってきてウザいのぉ」

ネネ彼「何してんだてめえ!」

ネネ「ついでにキモいから1発ぶんなぐっといてぇ」

ネネ彼「1発でやめれるかわかんねえけど、死n」

カザマ「おい、やめろよ」
40::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 15:21:47.81 ID:307W3a8O0
ネネ彼「ああ!?」

カザマ「何やってんだはこっちの台詞だよ、ほんと何してんだよみっともない」

ネネ「はぁ?」

ネネ彼「なんなのお前」

カザマ「しんのすけが何かしたのか?」

ネネ「あんたには関係ないでしょ」

カザマ「あるよ、友達がこんな理不尽な扱いされてるのに関係ないわけないだろ」

ネネ彼「は、何?友達かばって正義の味方ですみたいな?」

ネネ「つーか野原と友達とか言ってる時点でこいつも頭に障害持ち確定じゃね」

ネネ彼「たしかに〜じゃあこいつもまとめてボッコボコにしちゃいますか!」

ネネ「でもこんなところでボッコボコにしたら警察来ちゃうよぉ」

ネネ彼「ああん?大丈夫だって、俺あいつらから逃げるの慣れてるから!」

ネネ「そんなに追いかけられてるのぉ?一体どんな悪いことしてんのよまったく!ふふっ」



しんのすけ「…」
42::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 15:28:49.04 ID:307W3a8O0
カザマ「…はあ」

ネネ彼「なんだてめえこら」

カザマ「いいから離せ」

ネネ彼「あー…なんか俺こいつよりもお前にムカついてきたわ」

カザマ「どんなことにでも腹を立てられて楽しそうだな、うらやましいよ」

ネネ「おいちょっと調子乗りすぎじゃね?ウチの彼氏キレるとマジヤバいよ」

しんのすけ「あ〜あ、服がシワになっちゃったゾ」

ネネ「そんなボロ服どうなったっていいだろうるせえな」

ネネ彼「ネネ、俺こいつ殴っちゃっていい?殴っちゃってもいい?」

ネネ「え、でもその人関係ないし…」

ネネ彼「何お前こいつの味方なわけ?」

ネネ「そういうわけじゃないけど、ここじゃなくて裏の方でやってよね」

ネネ彼「了解、おらてめえらこっちこい!」

カザマ「いや、俺としんのすけは帰るよ」
45::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 15:36:01.87 ID:307W3a8O0
ネネ彼「…なーーに言ってんだおいコラこのやr」

キキーッ

ネネ「きゃっ」

ネネ彼「うおっ!あっぶねえなどこ見てんだゴラァ!!」

ガチャッ

あい「しん様、カザマさん、こんにちは。何をしていらっしゃるのですか?」

しんのすけ「おおあいちゃん!久しぶり〜」

あい「お久しぶりです!バカンスから本日帰国いたしましたので、しん様にお土産をと思い野原家へ向かっていたのですが…」

ネネ「カザマ…?」

あい「あら、お久しぶりです。なんですのそのみっともないなりは」

ネネ「うっせえなとっとと消えろクソ女」

あい「相変わらずですわね。しん様、カザマさん、よろしければ自宅までお送りしますけどどうですか?」
55::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 15:45:19.84 ID:307W3a8O0
ネネ「ちょっと、カザマってカザマ君…?」

カザマ「そうだよ」

ネネ「…!」

カザマ「ネネちゃん、変わったね!」

ネネ「あー…」

ネネ彼「おい話がまだ終わってねえんだけど」

あい「黒磯」

黒磯「はい」

ネネ彼「あ、な、なんだよお前…」

スッ

黒磯「こちらでお引取り願えますか」
58::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 15:50:42.88 ID:307W3a8O0
ネネ彼「ああ?…え」

黒磯「10万円程ですが今日はこれでお引取り願えますか」

ネネ彼「まあしょうがねえな!おっしゃネネ、焼肉でも食いに行くか!」

ネネ「あ、あの、カザマ君!あのn」

カザマ「じゃあ行こうか。俺も久しぶりにしんのすけの家に行きたいな」

しんのすけ「おお!いいゾ!!」

あい「ふふ、では行きましょう」

ネネ「あ…」

カザマ「じゃあネネちゃん」

ネネ「あの」

カザマ「さようなら」

ブロロロロ

ネネ彼「なあ焼肉食いに行こうぜ焼肉」

ネネ「そんな気分じゃないわ…」

ネネ彼「じゃあ中華!」
69::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 16:00:46.02 ID:307W3a8O0
あい「到着ですわ」

しんのすけ「母ちゃん喜ぶゾ…」

カザマ「え?」

しんのすけ「あ、ちょっと待ってて!散らかしたやつ片付けてくる」

あい「まあ、しん様素敵…!」

ガチャッ

しんのすけ「かあちゃんおかえり〜」

みさえ「ただいま〜でしょ」

しんのすけ「そうともいう」

みさえ「一人で何をしてきたの?」

しんのすけ「友達と遊んできたゾ!」

みさえ「まあ!お友達ができたの?それとも昔のお友達かしら?家に連れてきてもいいのよ!」

しんのすけ「実はもう来てるんだゾ!」
75::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 16:05:12.52 ID:307W3a8O0
みさえ「あらあら、じゃあ今お茶とお菓子を用意するわね」

しんのすけ「その前にちょっとお片づけお方付け」

みさえ「こういうときに慌てるなら日ごろからちゃんと片付けておきなさい!」

しんのすけ「ほほ〜い!」

みさえ「ふふふ」
76::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 16:07:33.34 ID:gRZMegXi0
みさえの反応が心にくる・・・
81::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 16:12:20.24 ID:307W3a8O0
しんのすけ「ごめんごめん、もういいゾ」

カザマ「あっじゃあお邪魔しまーす!」

あい「お義母さまこんにちは」

みさえ「カザマ君にあいちゃん!よく来てくれたわね〜!あっ黒磯さんもどうぞ中に」

黒磯「あっすみません」

みさえ「カザマくん久しぶりね〜!」

カザマ「はい、お久しぶりです」

みさえ「東京の高校に行くんですって?春日部から出て行っちゃうのね、寂しいわ」

カザマ「ええ、でも休みの日には帰ってくるつもしですし、今とそう変わりませんよ」

みさえ「あら、そうなの?」

しんのすけ「オラおトイレ〜」

あい「いってらっしゃいませ、しん様」
90::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 16:20:59.89 ID:307W3a8O0
みさえ「二人とも、昔みたいにしんのすけと仲良くしていてくれてありがとうね」

カザマ「当たり前じゃないですか、しんのすけは俺の幼馴染ですよ」

あい「そうですよ、あいはしん様の許婚ですもの」

みさえ「…ふふっありがとう」

しんのすけ「ふう〜スッキリスッキリ!」

あい「しん様!そうですわ、お土産があるんですの。黒磯」

みさえ「あら悪いわねえ、なんのお土産かしら?」

あい「スイスの別荘に行ったついでにヨーロッパをぶらぶらして来ましたの」

みさえ「あ、あは、あはははは…」
102::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 16:33:08.86 ID:307W3a8O0
カァ カァ カァ

カザマ「遅くまですみませんでした」

みさえ「いいのよ、いつでも来てね」

カザマ「はい!」

みさえ「そういえばたまにボーちゃんが来てくれるのよ。今日来てくれたらよかったわねえ」

カザマ「わあ、ボーちゃん懐かしい!」

しんのすけ「ひまわりはボーちゃん来ると離れないんだぞ」

カザマ「へえ〜」

みさえ「昔からイケメン好きなのは変わらないわね〜」

カザマ「えっ」
104::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 16:33:55.85 ID:1Dt+DbGs0
えっ
105::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 16:34:03.67 ID:VUe3S+sV0
えっ
106::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 16:34:13.06 ID:40244DfVP
えっ
107::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 16:34:21.08 ID:A+rWGZsH0
えっ
108::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 16:34:34.00 ID:+CBNYQA70
えっ
109::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 16:34:34.53 ID:/dD8r6KZ0
えっ
134::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 16:51:09.60 ID:gQtVrtjK0
【レス抽出】
対象スレ:しんのすけ「……」
キーワード:えっ

抽出レス数:20
170::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 17:36:21.62 ID:307W3a8O0
しんのすけ「おっ噂をすればボーちゃんとひま!おーい!」

カザマ「えっ?」

みさえ「あら、おかえりー。あんたまたボーちゃんにひっついてんの?ごめんねボーちゃん」

ひまわり「違うもん」

ボーちゃん「ふふ、いえいえ気にしないでください」

しんのすけ「よっボーちゃん!」

ボーちゃん「おはよう。ひまちゃんとそこの公園で会ったんだ」

カザマ「ぼっ」

ボーちゃん「あれ、えっと…カザマ君?」

カザマ「ぼ、ボーちゃん…?」
178::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 17:43:09.16 ID:307W3a8O0
あい「こんばんは」

ボーちゃん「ああ、あいちゃん。こんばんは」

あい「今日は何の帰りですの?」

ボーちゃん「丘の上の木の下で本読んでたらいつの間にか寝ちゃってた」

しんのすけ「まったくぅ〜」

あい「楽しそうですわね。しん様、あい達も今度いつの間にか寝にいきましょう」

カザマ「ボーちゃん、久し、ぶり…」

ボーちゃん「久しぶり。最初誰かわからなかったよ」

カザマ「いや、それは俺もだよ」
184::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 17:53:42.06 ID:307W3a8O0
ボーちゃん「カザマ君達は今日しんちゃんの家に来てたんだね。僕もみんなと遊びたかったなあ」

しんのすけ「じゃあ今度また家で遊ぼうよ!みんなで」

ひろし「おお?なんだなんだ家の前に若い子がたくさんいるぞ〜」

みさえ「あなた!おかえりなさい」

しんのすけ「おお父ちゃん!」

ひろし「ただいま。ボーちゃん、あいちゃん、こんばんは」

ボーちゃん「こんばんは、おじさん」

あい「こんばんわ、お義父さま」

ひろし「ん?あとはー…えー…」

カザマ「こんばんはおじさん、覚えてますか?」

ひろし「んー待てよ、ボーちゃんにあいちゃん…マサオくんかカザマくんかネネちゃんだな!」

しんのすけ「…」

みさえ「あ…っえっと、あなた!ほら、カザマ君よカザマ君!」

ひろし「おお!!カザマ君か!立派になったなぁおじさんちょっと自信なくしちゃうよ」
226::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 20:15:01.26 ID:307W3a8O0
カザマ「久しぶりですね〜!」

ひろし「ああなんか懐かしいなあ、しんのすけが幼稚園の頃を思い出すよ。ネネちゃんやマサオ君は一緒じゃないのか?」

カザマ「あ、えっと…」

みさえ「い、忙しいんじゃないかしらね!もうすぐ高校生ですもの」

しんのすけ「マサオ君とネネちゃんも誘ったんだけど、二人とも今日用事があったみたいだゾ!やれやれ〜」

ひろし「ははっなんだそうだったのか、残念だな!」

しんのすけ「まったくだゾ!」

ひろし「そうだ、せっかくだし家でご飯でも食ってかないか!みんなの高校入学祝!」

みさえ「あ、いいわね!」

カザマ「あ、いえそんな、悪いですし…」

みさえ「あら遠慮しなくてもいいのよカザマ君」

しんのすけ「そうだゾ!」
227::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 20:17:26.39 ID:307W3a8O0
ひまわり「た」

クイッ

ボーちゃん「うん、ひまちゃん。あの、じゃあごちそうになります」

ひろし「そうこなくっちゃ!」

あい「私もいただきたいわ」

しんちゃん「ほーらーカザマ君も〜」

カザマ「わかった、すみませんごちそうになります!」

みさえ「うんうん!ほら、じゃあ入ってー。あっ黒磯さんもどうぞ」

黒磯「すみません」

ひろし「駅前のケーキ屋が安売りしてたからちょっと多めにケーキ買ってきたんだよ、ちょうどよかったな!」

しんのすけ「おお!ケーキ!!」
234::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 20:26:11.96 ID:307W3a8O0
ひろし「おっなんだしんのすけ、そんな食べたかったのかケーキ」

しんのすけ「おお、昼間ケーキ見たときからすっごく食べたかったゾ!」

みさえ「あら、どこでケーキ見たの?」

しんのすけ「えっと、綺麗なおねいさんが持ってたんだゾ」

ひろし「そうか、じゃあほんとにちょうどよかったな!」

みさえ「ふふっ」




カザマ「はーっおいしかったー!」

あい「すきやきというものは初めて食べましたが、とても美味しかったですわ。黒磯、レシピを覚えなさい」

黒磯「はっ」

ボーちゃん「美味しかったです、ごちそうさま」

しんのすけ「ケーキ!」
243::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 20:35:48.05 ID:307W3a8O0
ひろし「おいおい、もうちょっとお腹休めてから食えよ」

しんのすけ「ケーキケーキ!オラ何にしようかなぁ〜」

みさえ「ちょっと待ちなさい!今テーブル片付けるから!」

ひろし「あれ、ボーちゃんはしんのすけと同じ高校だけど、あとの二人はどこに行くんだ?」

あい「はいお義父さま、あいもしん様と同じ高校に行きます」

ひろし「えっそうなの?」

黒磯「旦那様は都内の私立に行かせたかったのですが、お嬢様がどうしても、と」

ひろし「へぇ〜…なんかもったいないな」

あい「そんなことありませんわお義父さま!私はこれが最高の選択だったと自負しております」

ひろし「そっか、よかったなしんのすけ!」

しんのすけ「ほうほう」
250::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 20:42:03.18 ID:307W3a8O0
ひろし「カザマ君は?」

カザマ「都内の私立に行きます」

ひろし「やっぱりなぁ、エリートは違うなエリートはちくしょー!」

カザマ「いえいえ、そんなことありません!」

みさえ「ふう、片付いたわよー、ケーキ好きなの選んでね」

カザマ「わー、ありがとうございます」

しんのすけ「オラこれ!」

ボーちゃん「ひまちゃんは何がいい?」

ひまわり「モンブラン!」

ボーちゃん「はい、どうぞ」

あい「では私はこれにしますわ」

カザマ「俺はこれがいいな」

ボーちゃん「僕はいちごショートで」
252::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 20:45:00.95 ID:307W3a8O0
みさえ「ふふっじゃあいただきましょうか!」

「「いただきまーす」」

しんのすけ「はあ〜これこれ〜この味がたまらんですなあ〜」

カザマ「美味しい!」

ボーちゃん「はいひまちゃん、いちごあげる」

ひまわり「わーありがとう!!」

ひろし「ネネちゃんやマサオ君も来ればよかったのにな〜」

しんのすけ「二人はちょっと忙しいんだゾ!」
258::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 20:51:59.00 ID:307W3a8O0
ひろし「あの二人はどこの高校にいくんだ?」

しんのすけ「ネネちゃんは○○商業高校で、マサオ君は通信制の高校だゾ」

ひろし「ほ〜」

あい「お義母さまお義父さま、しん様にはこのあいがついていますのでご安心ください!」

ボーちゃん「僕もいるよ〜」

カザマ「こっちに帰ってきたとき、またたくさん遊びに来てもいいですか?」

みさえ「みんな…もちろんよ!いつでも遊びにいらっしゃい!」

しんのすけ「オラ、みんなといると楽しいゾ!」





ごめんイングランド戦始まるからここで一旦終了というか休憩というかなんというか
試合終わってもまだ残ってたら、たいしたものじゃないけど続き書く
最後らへんやっつけでごめん
でもありがとう
272::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 21:09:29.27 ID:blAuynCQP
数時間後で、待ってる
309::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 23:46:44.07 ID:307W3a8O0
>>258の続き

カザマ「今日は本当にありがとうございました、とても美味しかったです」

みさえ「あんなものしか出せなくてごめんね〜」

あい「いいえ、本当に美味しかったですわ」

みさえ「あら、ありがとう!」

ボーちゃん「おばさん、今日はご馳走様でした。ではまた」

しんちゃん「またね〜」

カザマ「ああ、また!」

ボーちゃん「じゃあね、ひまちゃん」

ひまわり「うん、またね!」

あい「ではおやすみなさい」

みさえ「ええ、じゃあ気をつけて帰ってね」

しんのすけ「オラ途中までみんなを送ってくるゾ!」

みさえ「わかったわ、じゃあね、みんな」

カザマ「はい、おやすみなさい」
319::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 23:56:01.48 ID:307W3a8O0
カザマ「お前の家は相変わらず明るくて楽しそうだな」

しんのすけ「いや〜母ちゃんがちょっとうるさいけど」

あい「いいお義母さまですわ。黒磯、私は途中までしん様達と歩いて帰るわ」

黒磯「し、しかしお嬢様」

あい「久しぶりにみんなで会ったのよ、黒磯は先で待っててちょうだい」

黒磯「わかりました」

ボーちゃん「わあ、星が綺麗だよ」

カザマ「ほんとだ」

あい「ロマンティックですわ」

しんのすけ「チョコビ食べたくなってきたゾ」

カザマ「まったくお前は〜あっ」

ボーちゃん「ん?」


ネネ「ちょっとぉ、自分で歩きなさいよぉ」

ネネ彼「ダーメだ俺もう腹いっぱいで歩けねー」
325::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 00:04:43.17 ID:307W3a8O0
しんのすけ「あっネネちゃんだ!お〜いネネちゃ〜ん!」

カザマ「はっ?」

しんのすけ「お〜いオラだゾ!こっちこっち!」

カザマ「お、おいお前もうやめとけよ」

しんのすけ「なんで?ネネちゃんは友達だゾ」

カザマ「いや、そうだけど…だって昼間のあれ…」

あい「そうですわしん様。あんな女にわざわざ気をかけてやらなくても結構ですわよ」

しんのすけ「でも、でもせっかくこうしてみんなで集まってるから、また昔みたいに仲良くしてもらいたいんだゾ!」

カザマ「しんのすけ…」

しんのすけ「昔みたいに、みんなで遊んだり一緒に春日部を救ったりしたときみたいに、仲良くしたいんだゾ!」

ボーちゃん「おーい、ネネちゃん!」
338::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 00:17:27.57 ID:S/783Ws20
ネネ「あ、ボーちゃん。なに?」

ネネ彼「あー?誰そいつ」

ネネ「同じ中学の友達よ」

ボーちゃん「こんばんは、はじめまして。ネネちゃん久しぶり」

ネネ彼「あーどーも」

ボーちゃん「今みんなでお喋りしてたんだ」

ネネ「みんなって?…ああ、幼稚園のときの」

ボーちゃん「うん、そうだよ」

ネネ「ボーちゃんってさぁ、なんで野原と仲良いの?マジウケるんですけど」

ボーちゃん「んー?だってしんちゃんとは友達だし。それよりさ、これから予定ないんだったらネネちゃんもどう?」

ネネ「どうって何が?」

ボーちゃん「これからみんなで行くところがあるんだけど、ネネちゃんも行かないかな」
354::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 00:24:45.42 ID:S/783Ws20
ネネ「あー悪いけどウチ今から彼氏の家行くからさぁ」

ネネ彼「そーそー。だからお前は早くどっか行け」

ボーちゃん「そう言わないでさ、今日だけだから。ね?」

ギュッ

ネネ彼「てめえなに人の女の手握ってんだよ!離せオラ!」

ネネ「…!ま、まあ今日だけならいいけど…」

ネネ彼「はあ!?おいネネお前何言ってんの?」

ネネ「ごめん、用事終わったらすぐ行くから」

ネネ彼「いやいやいや何言ってんのちょっと。お前もいつまで手握ってんだよ」
368::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 00:29:34.96 ID:S/783Ws20
ネネ「すぐ終わらせるから!」

ネネ彼「〜〜!もう勝手にしろ!浮気女!」

ネネ「はあ!?これの何が浮気なのよ!昔の友達とお喋りするだけでしょ!」

ネネ彼「もう知らん!お前なんか知らんし!」

ダッ

ネネ「あっちょっと!…はあ」

ボーちゃん「なんかごめんね、僕のせいで」

ネネ「…いや、いいわよ。あの人いつもああだから」

ボーちゃん「そうなの?でもごめん」

ネネ「いいわ」

ボーちゃん「よし、じゃあいこ」
380::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 00:35:29.04 ID:S/783Ws20
カザマ「ボーちゃん、行くってどこに?」

ボーちゃん「いつの間にか寝に行こう」

あい「まあ…!」

しんのすけ「おお〜!」

ネネ「は?」

カザマ「…なるほど、じゃあもう一つ寄るところがあるな」

ボーちゃん「よし、いこー」

ネネ「何なのよ?話がまったくみえないんだけど」
390::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 00:42:22.74 ID:S/783Ws20
カザマ「着いたけどどうしよう、結構夜遅いからピンポン鳴らすわけにもいかないし…」

ボーちゃん「あ、僕マサオ君の携帯番号知ってるよ」

ピッ プルルルルル

マサオ『ボ、ボーちゃん…?電話なんて珍しいね、どうしたの?』

ボーちゃん「窓から外見て!」

マサオ『え?ちょっと待ってね…あっ』

ボーちゃん「こんばんは〜」

カザマ「久しぶりー!」

しんのすけ「お〜い」

マサオ『えっえっみんなどうして…ってみんないるってことはあれってカザマ君?』

ボーちゃん「そうだよ、懐かしいでしょ」

マサオ『う、うん…でもどうして…』

ボーちゃん「今からみんなでちょっとお散歩に行くんだけど、マサオ君も行かない?」
406::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 00:48:13.17 ID:S/783Ws20
ネネ「うっわマサオとか超懐かしーあいつ学校いたっけ?」

しんのすけ「皆勤賞だゾ!」

ネネ「…」

ボーちゃん「もちろんマサオ君も行くよね」

マサオ『う…わ、わかったよ、行くよ、ちょっと待っててね』

ボーちゃん「うん!わかった、待ってる」

ピッ

カザマ「来るって?」

ボーちゃん「うん、すぐ来るよ」

マサオ「お、お待たせ…」

ボーちゃん「ああ、早かったね。こんばんは」

ネネ「ふん」

あい「こんばんはマサオ」

マサオ「あ、あいちゃん…!」

しんのすけ「昼間ぶりぶり〜」
412::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 00:55:01.51 ID:S/783Ws20
マサオ「しんちゃん…」

ボーちゃん「よし、行こー」

カザマ「久しぶりだなー、みんなでここらへん歩くの」

しんのすけ「かすかべ防衛隊、ふぁいやー!」

ボーちゃん「ふぁいやー!」

あい「ファイヤー!」

カザマ「懐かしいなあ、ファイヤー!」
414::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 01:04:00.18 ID:S/783Ws20
ネネ「…」

マサオ「ふぁ、f……」



ボーちゃん「着いたよ!」

あい「まあ…!!素敵ですわ、しん様見てください!」

しんのすけ「おお〜宝石箱みたいだぞ〜!」

カザマ「うわあ…!」

マサオ「すごーい!」

カザマ「静かで綺麗で、本当にいい場所だね!こんな丘があったなんて知らなかったよ」

ボーちゃん「ふぁ…」ゴロン

しんのすけ「お〜気持ち良さそう!オラもオラも〜!」

カザマ「俺も!」

あい「まあ…星が綺麗ですわねしん様。視界には星空しか写りませんわ」

マサオ「ほんとだー…!綺麗…」

ネネ「あーほんとだー」
422::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 01:10:01.65 ID:S/783Ws20
ボーちゃん「こうしてるとね、なんだか違う世界にいるような気分になるんだ」

カザマ「ほんとだね」

ボーちゃん「そして、いつの間にか眠っちゃうんだ」

マサオ「わかるよ、その気持ち。なんか今、すっごく幸せな気分」

カザマ「なんだか、懐かしくて永遠の時の中にいるみたいだ」

あい「しん様と永遠の時の中にいるなんて素敵。黒磯、いるんでしょ」

黒磯「はっ」

あい「寒いわ、ブランケットを6枚持ってきてちょうだい」

黒磯「はい、ただいま」
431::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 01:20:34.99 ID:S/783Ws20
しんのすけ「オラ、ずっとここにいたいゾ…」

カザマ「しんのすけ…あ、じゃあさ、ここを秘密基地にしようよ!」

マサオ「秘密基地?」

カザマ「うん、俺たちだけの秘密基地」

ボーちゃん「じゃあ番人は任せておいてよ。僕だいたいここにいるから」

しんのすけ「おお〜じゃオラは番人二号!」

あい「じゃあ私は番人三号ですわ」

ネネ「そうね、じゃあおままごとでもやりましょうか」

マサオ「い…っ」

しんのすけ「じゃあマサオくんは甲斐性なしの旦那ね!」

ネネ「カザマくんはエリート、ボーちゃんはホスト、あいちゃんとしんちゃんは奇妙な隣人」

ボーちゃん「僕がホストなんてひどいなあ」
438::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 01:27:26.91 ID:S/783Ws20
カザマ「で、ネネちゃんは?」

ネネ「綺麗で若くて美人な未亡人よ!」

マサオ「えっじゃあ僕は誰の旦那さん…」

しんのすけ「マサオくんは、奥さんをホストにとられた窓際サラリーマンってとこで」

ボーちゃん「ごめんねマサオ君、君の奥さんもらっちゃった」

ネネ「そうね、それがピッタリだわ」

マサオ「ええ〜!」

あい「ちょっと、私としん様が奇妙な隣人ってどういうこと?幸せいっぱいの隣人に訂正なさい」

ネネ「なんか文句あんの」

あい「ええ、大ありですわ」

カザマ「まあまあ二人とも!」

しんのすけ「オラ、幸せだゾ!」



450::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 01:37:06.89 ID:S/783Ws20
〜おまけ〜

ネネ「もしもし?」

ネネ彼『おい今どこだよ』

ネネ「ごめんなさい私未亡人なの。ってことで、じゃあね」

プツッ

ネネ「さ、やるわよ。ほらしんちゃんも早く所定の位置について!」

しんのすけ「ほ〜い!」

あい「何年後も、何十年後も、こんな風にふざけた遊びができるような関係でいましょうねみなさん」

ボーちゃん「もちろんだよ」

マサオ「うん!」

カザマ「当たり前だよ」

しんのすけ「ほほ〜い」

ネネ「ふん、ま、まあいいわよ」

ボーちゃん「あ、流れ星」
452::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 01:38:20.94 ID:S/783Ws20



ありがとうございました
455::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 01:43:13.74 ID:ivMrW14d0
面白かった、久々にほのぼのしたSS見れた
鬱エンドじゃなくて良かった、次作期待
元スレ:http://mimizun.com/log/2ch/news4vip/yutori7.2ch.net/news4vip/kako/1275/12751/1275194284.html
TVアニメ20周年記念 クレヨンしんちゃん みんなで選ぶ名作エピソード ひと味ちがう必見編 [DVD]

2014-09-16 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © SSまとめ部 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。