シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その3 - SSまとめ部

シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その3

Real Action Heroes 碇シンジ


シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その1
シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その2
シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その3
シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その4
シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その5
シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その6
シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その7



102 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/01(火) 22:30:54.02 ID:e2Tj379h0
シンジ「ーーーーーっ!!」

シンジ「知ってる天井だ…」

綾波「目が覚めたのね」

シンジ「綾波…」

シンジ「アスカは…」

綾波「隣のベットで眠ってるわ」

シンジ「え?」

アスカ「…」スースー

シンジ「良かった…生きてたんだ」
104 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/01(火) 23:49:43.56 ID:e2Tj379h0
綾波「じゃあわたしは行くから」

プシュッ ウィーン

シンジ「ホントに良かった…」ウルウル

シンジ「…ぐすっ」

アスカ「…なに泣いてんのよ。シンジ」

シンジ「!!」

シンジ「アスカが生きてたから…」ニコッ

アスカ「ありがとう…助けてくれて…」

シンジ「うん」

アスカ「シンジ…」

シンジ「ん?」

アスカ「こっちのベットに来なさいよ///」モジモジ

シンジ「…いいの?」

アスカ「さっさと来るのっ!///」
105 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/01(火) 23:57:01.27 ID:qs1BeyHDO
な!?一体何かあった…?
109 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/02(水) 15:09:49.62 ID:e2Tj379h0
シンジ「…」スッ

アスカ「ぎゅってして」

シンジ「うん」ぎゅー

アスカ「…」

アスカ「3号機に乗った時のことはよく覚えてないんだけど」

アスカ「凄く怖かった…」ぎゅー

シンジ(アスカ!?…震えてる…)

シンジ「…」ぎゅー
110 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/02(水) 15:19:06.48 ID:e2Tj379h0
アスカ「あのまま死んじゃうのかなって…」ぎゅー

アスカ「ぐすっ…」ぎゅー

アスカ「もうシンジに…ぐすっ…」

アスカ「会えないのかなって…」ポロポロ

シンジ「アスカ…もうエヴァに乗るのは止めよう」

シンジ「アスカは僕が守るから」
111 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/02(水) 15:25:46.06 ID:e2Tj379h0
アスカ「でもあたし…」

アスカ「エヴァに乗らなくなったら何をすればいいの?」

アスカ「何をしたらいいか分からない…」

シンジ「ずっと一緒にいて欲しい」

アスカ「え?…」

シンジ「一緒にお弁当を作って」

シンジ「一緒に学校に行って」

シンジ「帰ったら一緒に寝て」

シンジ「休みの日はデートしよう」

アスカ「うん…」ぎゅー
112 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/02(水) 21:27:15.44 ID:e2Tj379h0
シンジ「…」ぎゅー

アスカ「シンジ…」ぎゅー

アスカ「…」

シンジ「…」

ちゅー

アスカ「んっ…」
113 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/02(水) 21:28:22.57 ID:e2Tj379h0
プシュッ ウィーン

ミサト「ラブラブねー!お二人さん!」

アスカ「!?」ドンッ

シンジ「うわっ!?」

ドテーンッ

アスカ「あわわわわわ/////」

シンジ「痛ててて…」

シンジ「急に突き飛ばさないでよ…」

アスカ「ゴ、ゴメン…」アセアセ

ミサト「あら?お邪魔でした?」ニヤニヤ

リツコ「身体の心配は無さそうね」フフッ

マヤ「不潔です…」
115 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/03(木) 01:46:11.29 ID:e2Tj379h0
ミサト「元気なのは安心したてけど、ちょっち我慢して欲しいな?」

シンジ「ごめんなさい//」

アスカ「…っ////」カァァァ

ミサト「ちょっちシンちゃん借りてくわね?」

シンジ「え?」

ミサト(今回のことで聞きたいことがあるの)ボソボソ

シンジ「…はい」

ミサト「アスカは着替えてロビーで待っててくれる?」

アスカ「はーい」
116 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/03(木) 01:47:22.06 ID:e2Tj379h0
ミサト「シンジ君は、あの時のことを覚えてるの?」

シンジ「いえ…まったく」

シンジ「気が付いたらベッドで眠っていました」

シンジ「あの時なにがあったんですか!?」

リツコ「使徒との戦闘中にダミーシステムが使われたことは覚えてる?」

シンジ「はい…」

シンジ(アレのせいで…父さんのせいで…)

シンジ(僕はアスカを殺してしまうところだった…)

シンジ(父さんを信じた僕が馬鹿だったんだ!)
117 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/03(木) 01:49:06.30 ID:e2Tj379h0
リツコ「録画された映像を解析した結果、ダミーが使用された27秒後、初号機がダミーシステムをシャットダウン。その後再起動して活動再開」

リツコ「使徒の動きを封じつつエントリープラグを引き抜いてアスカを救出」

リツコ「その後、使徒は処理された」

シンジ「…」

リツコ「でも、その様子だとシンジ君がやってのけた訳じゃなさそうね」

リツコ「或いはエヴァが」

シンジ「エヴァが…?」
118 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/03(木) 01:51:22.64 ID:e2Tj379h0
綾波「…」

アスカ「…あっ」テクテク

綾波「…」

綾波「助かって良かったわ」

アスカ「!」ビクッ

アスカ「あんたがあたしの心配するってどういう風の吹き回しよ!?」

綾波「あなたがいないと碇君が悲しむから」

アスカ「…は?」

綾波「碇君にはポカポカして欲しい」

綾波「だからあなたにもポカポカして欲しい」

アスカ「よくわかんないけど…ありがとう」

アスカ「ーーーーー」ボソッ

綾波「?」

アスカ「特別にあたしのこと『アスカ』って呼んでいいわよ!あたしもあんたのこと『レイ』って呼ぶから!」

アスカ「じゃあね!レイ!」テテテッ

綾波「…」

綾波「面白いひと…」
119 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/03(木) 01:52:28.32 ID:e2Tj379h0
ミサト「アスカに使徒の影響も無いってことだから心配要らないわ」

ミサト「早くアスカのところに行ってあげて」

シンジ「はい」

ミサト「あっ!あともうひとつ」チョイチョイ

シンジ「?」

ミサト(今日は残業で帰れないからいっぱいイチャついていいわよ!)コソコソ

シンジ「ぶっ!?!!」
125 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 01:20:45.78 ID:e2Tj379h0
ー自宅ー

シンジ「ミサトさんが今日は残業で帰れないって」

アスカ「ふ?ん…」

シンジ「だから好きなだけイチャついていいって」

アスカ「ぶっ!?!!」

シンジ「やっぱりバレてたね」

アスカ「うぅ?…////」

シンジ「アスカが大きい音出すから」

アスカ「だって…我慢なんて出来ないもんっ」ムー

シンジ「今日は我慢しなくていいんだよ?」

アスカ「!!」

アスカ「じゃあ我慢しない…」ボソッ
126 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 01:24:15.75 ID:e2Tj379h0
アスカ「んっ…ちゅっ…んむっ…」

アスカ「ちゅるっ…んっ…あむっ…」

アスカ「んっ…シンジ…好き…はむっ…」

アスカ「ちゅっ…んちゅっ…ちゅるっ」

シンジ「アスカ…」

アスカ「待って…まだお風呂に入ってない」

シンジ「僕は気にしないよ」

アスカ「でも駄目っ!」

シンジ「う?ん…」

シンジ「じゃあ一緒に入ろうか」ニコッ

アスカ「ふぇっ!?」
127 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 01:29:02.49 ID:e2Tj379h0
シンジ「ふぅ?…一緒にお風呂って気持ち良いね」チャプン

うしろからぎゅー

アスカ「うん」

シンジ「アスカの匂いがする」クンクン

アスカ「嗅がないでよ!」

シンジ「なんで?良い匂いだよ」クンクン
128 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 01:33:02.23 ID:e2Tj379h0
シンジ(アスカの背中を舐めてみよう)

ぺろっ

アスカ「ひゃうっ!?」ビクッ

ぺろぺろ ちゅっちゅっ

アスカ「んっ…はうっ…そんなに舐めるなぁ…」

シンジ「ごめん。止まんない」ペロペロ

アスカ「あっ…はぁうっ…」

シンジ「アスカ…身体こっち向けて」

アスカ「うん…」ハァハァ
129 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 01:36:42.83 ID:e2Tj379h0
アスカ「んちゅっ…あんっ…んっ…」

アスカ「ちゅっ…ぢゅるっ…んくっ…」

アスカ(シンジったら、向きを変えたらキスしながら胸も揉みはじめた)

アスカ(こないだまで童貞だったくせに愛撫が上手なのよね)

アスカ(んっ)ビクッ

アスカ(このままだとあたしだけイっちゃう。だけど…)

アスカ(毎回負けてばかりのアスカ様じゃないわよ!)
130 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 01:37:53.39 ID:e2Tj379h0
にぎっ

シンジ「んっ…!?」ビクッ

アスカ「どう?気持ち良い?」シコシコ

シンジ「うん。気持ち良いよ。」ハァハァ

アスカ「ふふっ」シコシコ

アスカ「んちゅっ…ちゅっ…はむっ…」シコシコ

シンジ(ヤバイ…けど、僕だって負けない!)モミモミ

アスカ「んっ!?…ふぅっ…ぢゅるっ…」シコシコ

アスカ「ぢゅるるっ…はうっ…んくっ…」シコシコ

シンジ「アスカ…ストップ!」

アスカ「はぁっ…はぁっ…」トローン

アスカ「なんで…止めるの?」ハァハァ

シンジ「アスカの膣内に出したい…」

アスカ「うん…良いよ」
131 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 01:39:58.79 ID:e2Tj379h0
シンジ「じゃあ壁に手を付いて、こっちにおしりを向けて」

アスカ「こんな体勢でするの?」モジモジ

アスカ(これじゃまるで動物みたい…)

シンジ「挿入れるよ…」ぴとっ

ずぷぷぷっ

アスカ「ああんっ!」ビクッ

アスカ「はぁうっ…うあぁ…」ガクガク

アスカ「いきなり…奥までっ…」ガクガク

シンジ「くっ…」

シンジ「アスカ…膣内が温かくてとろとろでぬりゅぬりゅ動いて凄い…」

アスカ「わ、わざわざ説明しないでっ!///」カァァァ
132 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 01:40:49.93 ID:e2Tj379h0
ばちゅっ ばちゅっ ぢゅぽぢゅぽ

アスカ「ああっ…はんっ…うくっ…ああぅっ」

アスカ「シンジっ…は…激しいよ…」

ずにゅ ずにゅ ぐぢゅっ ぐちゅっ

アスカ「ああっ…うぐっ…ひんっ…」

アスカ「シンジ…はあぅっ…」

シンジ「アスカっ…溶けそう…」

ズコッ ズコッ こつんっ

アスカ「あっ…はぁっ…ーーっ!?」

シンジ「今なにか当たった…?」ハァハァ
133 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 01:42:14.64 ID:e2Tj379h0
アスカ「駄目っ!今の駄目っ!」ガクガク

こつん こつん

アスカ「ーーーーーっ!!!」ガクガク

シンジ「膣内が凄い締め付けてくるよ」

シンジ「もうイくから…アスカの奥で射精すから」

アスカ「らめ…もう立てないっ…」ガクガク

シンジ「出るっ!」びゅるるるるっ

アスカ「ああぁぁぁぁあっ!!!!」ビクビク

アスカ「はぁ…はぁ…はぁ…」ガクンッ
135 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 01:44:34.13 ID:e2Tj379h0
シンジ「アスカ!?大丈夫?」

アスカ「うぅ…ぐすっ…」

アスカ「駄目って言ったのに…」

シンジ「ごめん…でもアスカも凄い気持ち良さそうだったから」

アスカ「うっ…うるさぁぁい////」ポカポカ

シンジ「痛てて…だからごめんって」

アスカ「むぅ…」

アスカ「じゃあ、ベッドでもう一回してくれたら許す///」モジモジ
137 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 04:01:22.86 ID:e2Tj379h0
アスカ「んぐっ、ちゅっ、ちゅるっ、ちゅぷ」クチュクチュ

アスカ「あむ、ぐちゅぐちゅ、んくっ」クチュクチュ

シンジ「僕のをしゃぶりながら自分のおまんこを弄るなんて、やっぱりアスカは変態さんだね」

アスカ「ちゅるっ、らってがまんひないっていっらもん、はむっ」

アスカ「ぢゅるるっ、んっ、ぷぁ、んむっ」

シンジ「夢中になっちゃって可愛い」ナデナデ
138 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 04:02:24.28 ID:e2Tj379h0
アスカ「んくっ、ぢゅるるっ、ぢゅぽぢゅぽ」

アスカ「ぷはぁっ」

アスカ「ねぇ、シンジ。もう挿入れて?」

シンジ「もっと可愛くイヤらしい感じでおねだりしてほしいな」

アスカ「えっ?」ドキッ

シンジ「…」ニコッ

アスカ「うぅ......///」モジモジ

アスカ「シ…シンジのおっきいおちんちんを、変態アスカのぐちょぐちょに蕩けたおまんこにぢゅぽぢゅぽしてくださいっ!////」くぱぁ
139 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 04:03:30.57 ID:e2Tj379h0
シンジ「良くできました」ぬぷっ

アスカ「はあぁうっ!」

アスカ「あ、はぁっ、ぅくっ、あっ」

シンジ「アスカがこんなにえっちな女の子とは思わなかったよ」

アスカ「あっ、シ...シンジのせい、んっ、」

アスカ「シンジ、が、あんっ、すること、全部、んっ、気持ち良い、から」

アスカ「シンジが、悪い、くぅ...」

シンジ「責任取るから...」

アスカ「ひぐぅっ」ゾクッ

シンジ「だから、いっぱい気持ちよくなって」

アスカ「あんっ、シンジの、んっ、おちんちんで、いっぱい、気持ち良く、なるぅ」

アスカ「だけど、んっ、あたしだけ、くぅ、イヤらしい言葉、あっ、言わされてる、気が」
140 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 04:04:33.37 ID:e2Tj379h0
シンジ「そうかな...じゃあ......」

シンジ「アスカの可愛くて敏感なおっぱいを揉みしだきながら」

アスカ「ひっ!?」ゾクッ

シンジ「どろどろに蕩けきったおまんこに」

アスカ「うあぁ...」ゾクゾク

シンジ「僕のチンポをズポズポ出し入れさせて」

アスカ「もう、やめ...」ビクビク

シンジ「アスカの一番深いとこに膣内射精したいっ!!」ぎゅー

アスカ「やあぁぁあァああーーーっ!!!!」プシャァァァァ
141 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 04:05:57.27 ID:e2Tj379h0
シンジ「アスカ...お漏らししちゃったね」

アスカ「はぁ...はぁ…」

シンジ「でもまだ終わってないよ」

アスカ「やぁ...まだ、イったばっかだから…」

シンジ「駄目だよ」ぢゅぷぷ

アスカ「はぁンっ!!」

アスカ「あ"っ、やだ、このままじゃ、はぅ、ヒトに、戻れなくなる…」

アスカ「シンジ、あ"っ、イくっ、また、イっちゃう…」

シンジ「僕もイくっ…膣内射精するよ!!」

アスカ「出して…全部、あたしの膣内に、シンジの精液、出してっ!!」

シンジ「うああっっっ!!!」びゅるるるっ びゅるっ

アスカ「ふああぁぁァあアあーーーっ!!!!」

シンジ「はぁ…はぁ…」

アスカ「はぁ…はぁ…シンジ…」

シンジ「何?」

アスカ「このまま、もう少し抱き締めて」ぎゅっ

シンジ「うん」
142 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 04:15:27.98 ID:e2Tj379h0
アスカ「シンジー。この服似合う?」

シンジ「似合ってるよ」

アスカ「じゃあこっちは?」

シンジ「いいと思う」

アスカ「これは?」

シンジ「それも似合ってるよ」

アスカ「むぅぅ…どれも感想が同じじゃない!!」

シンジ「えっ!?」

アスカ「適当に言ってないわよね?」ジトー

シンジ「違うよ!!ホントに似合ってるんだもん」

アスカ「そう。でもどれが一番似合うか決めて!!」

シンジ「う?ん。じゃあこれかな?」

アスカ「ふ?ん…」

アスカ「じゃあ3つとも買ってこよう」テテテッ

シンジ「あれっ」
143 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 04:16:31.54 ID:e2Tj379h0
アスカ「次はあそこに行って、そのあとはあそこに行って………」

シンジ(疲れた……)

ウウウウゥゥゥ……

『只今東海地方を中心に非常事態宣言が発令されました』

シンジ「警報?」

アスカ「使徒がきたの!?」

オペレーター「総員第一種戦闘配備。地対空迎撃戦用意」

ゲンドウ「目標は?」

青葉「現在侵攻中です!駒ヶ岳防衛線突破されました!」

第10使徒「………」ピカッ

ドオオォォォォォン

日向「18もある特殊装甲が一撃で……!?」

ミサト「エバーの地上迎撃は間に合わないわ!」

ミサト「初号機と零号機をジオフロント配置!本部施設の直援に回して!」

シンジ(アスカは僕が守るんだ)

シンジ(絶対に負けない)

綾波「………」
144 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 04:18:21.54 ID:e2Tj379h0
ドオォォォォォン

シンジ「来た!」

第10使徒「………」

シンジ「当たれぇ!」

ダダダダダ……

シンジ「A.T.フィールドが厚すぎる!?」

シンジ「接近戦なら……」

綾波「気を付けて!碇君!」

シンジ「うおぉぉっ!!」

第10使徒「………」ズバッ

シンジ「……っ!?」

ザクッ ブシュゥーーーーーッ

シンジ「うあああぁっ…」

リツコ「初号機の両腕が……」

マヤ「アンビリカルケーブル切断!内部電源に切り替わります!」

ミサト「シンジ君!」
145 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 04:19:23.68 ID:e2Tj379h0
シンジ「ううぅ…」

シンジ(このままじゃ…負ける……)

第10使徒「………」ズバッ

シンジ「くっ……!」

ズドンッ ズシャアアァァ

シンジ「……っ……….!!??」

シンジ「綾波!?」

零号機「………」

ズシィィィン……

青葉「零号機が初号機の盾になり大破!戦闘不能です!」

マヤ「初号機活動限界です!予備も働きません!」

ミサト「そんな……」
146 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 04:20:45.08 ID:e2Tj379h0
マヤ「えっ!?弐号機が出撃しました!」

ミサト「誰が乗ってるの?」

アスカ『あたしよ』

ミサト「アスカ!?平気なの?」

アスカ『………問題ないわ』

ミサト「お願い。アスカが最後の望みよ」

アスカ『ちゃちゃっと片付けてやるわ』

アスカ「シンジ!」

シンジ「アスカ!?なんでエヴァに!!?」

アスカ「ゴメンね。約束破って…」

アスカ「でもシンジが危ないのを黙って見てられなかった」

アスカ「アイツはあたしが片付ける」

第10使徒「………」

アスカ「うおぉりゃぁーーーーっ!!!!」
147 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 04:21:22.36 ID:e2Tj379h0
シンジ「くそっ……アスカひとりじゃ危ない」

シンジ「動け動け動け動け動け…」

シンジ「このままじゃアスカが……そんなの嫌だ!」

シンジ「大切なひとがいなくなるのは嫌だ!!」

シンジ「だから動いてよっ!!!!!」

ドクン…

ドクン…

ドクン…!!!!

初号機「…………」グググッ
148 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 04:22:27.69 ID:e2Tj379h0
マヤ 「動いてる…活動限界のはずなのに…」

ミサト 「暴走…?」

リツコ「わからない…一体何が、初号機に起こっているのか…」

ミサト 「エヴァにこんな力が…」

リツコ 「初号機が人の域を超えている」

マヤ「プラグ深度、180をオーバー!もう危険です!」

リツコ「やめなさい!シンジ君!ヒトに戻れなくなる!!」

シンジ「僕がどうなったっていい、世界がどうなったっていい、だけどアスカは……せめてアスカだけは、絶対助ける!!」

ミサト 「行きなさい!シンジ君!」

リツコ 「ミサト!?」

ミサト 「誰かのためじゃない!」

ミサト 「あなた自身の願いのために!!」
149 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 04:26:14.40 ID:e2Tj379h0
マヤ「そんな……形状制御のリミッターが消えています!解析不能!」

リツコ「人の域に留めておいたエヴァが本来の姿を取り戻していく。人のかけた呪縛を解いて、人を超えた神に近い存在へと変わっていく。 天と地と万物を…(ry

加持「数が揃わぬうちに初号機をトリガーとするとは。碇司令、ゼーレが黙っちゃいませんよ」

冬月「やはり、あの二人で初号機の覚醒は成ったな」

ゲンドウ「ああ、我々の計画に辿り着くまで、あと少しだ」


リツコ「この世界の理を超えた新たな生命の誕生。代償として古の生命は滅びる」

ミサト 「…翼!?15年前と同じ!?」

リツコ「そう、セカンドインパクトの続き、サードインパクトが始まる。」

リツコ 「世界が終わるのよ」




終わり
150 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 11:47:54.85 ID:HzLwrOMGo
続きはまだか?
まだ終わらないよな
152 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[]:2013/01/04(金) 14:28:38.22 ID:dceLMRIJo
14年後やな
元スレ: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1356932118/
シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その1
シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その2
シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その3
シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その4
シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その5
シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その6
シンジ「アスカって処女?」 アスカ「は?」その7



Real Action Heroes 碇シンジ


2013-01-13 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © SSまとめ部 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。