アスカ「鈴原とデートしてくるわ」その1 - SSまとめ部

アスカ「鈴原とデートしてくるわ」その1

ジグソーパズル プチ2 エヴァンゲリヲン新劇場版 500スモールピース 式波・アスカ・ラングレー (16.5cm×21.5cm、対応パネル:プチ2専用)


1:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/12(水) 22:16:12 ID:Ku8nbM8k
〜ある日曜日〜

アスカ「シンジ〜」

シンジ「何?アスカ?」

アスカ「今日お昼いらないから〜」

シンジ「何処か行くの?」

アスカ「うん、ショッピングセンターでデートぉ♪じゃ、行ってきます」ガチャ

シンジ「デート?委員長と?」

アスカ「鈴原と」

シンジ「ふ〜ん、行ってらっしゃい。車に気をつけてね」

アスカ「アタシは子供か!?」バタンッ
3:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/12(水) 22:28:12 ID:Ku8nbM8k
シンジ「…」パカッ カチカチッ

シンジ「…」ピッ

メール内容
To 委員長 ケンスケ

Sab【警報】第一種戦闘配置【警報】

アスカとトウジがデートする模様、至急対策立てたし、葛城邸にて待つ

ピッ

送信されました
4:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/12(水) 22:33:11 ID:Ku8nbM8k
〜十分後〜

ガタッ ガチャガチャ バン!

ヒカリ「ハァ…ハァ…」

シンジ「い、委員長…早いね…」

ヒカリ「碇くん!」


シンジ「はい!」

ヒカリ「早く説明を!!」

シンジ「あ…いや…ケンスケも来てから」

ヒカリ「早く!!」

シンジ「は、はい!」
6:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/12(水) 22:37:11 ID:Ku8nbM8k
シンジ「…と言うわけで…」

ヒカリ「…アスカは鈴原とショッピングセンターでデート…って言ったの?」

シンジ「そう言ってたから多分…」

ヒカリ「わかったわ!急ぎましょう!碇くん!!」

シンジ「…でもケンスケは…」

ヒカリ「ショッピングセンターに直接来いってメールしなさい!」

シンジ「はいっ」
7:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/12(水) 22:48:27 ID:Ku8nbM8k
〜ショッピングセンター〜

ヒカリ「何処…何処にいるのよ」キョロキョロ

シンジ「ハァ…ハァ…委員長…速いよ…」

ヒカリ「…静かに!!アスカが居たわ!」

シンジ「…見つけるの早っ!」ゼェゼェ

ヒカリ「鈴原も…丁度今来たみたいね…」

ヒカリ「っ!?」

シンジ「あ…トウジがジャージじゃない…珍しいね、委員ちょ…!」

ヒカリ「…鈴原がオシャレしてる…」ワナワナ

シンジ「オシャレって…Tシャツジーンズじゃない」
8:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/12(水) 22:58:37 ID:Ku8nbM8k
ヒカリ「オシャレでしょ!カッコイイじゃない!」

シンジ「…え…あ、うん…そうだね(委員長ってホントにトウジ好きだな…)」

ケンスケ「あ、いたいた、お〜い」

ヒカリ「遅い!そしてうるさい!黙れ」

ケンスケ「ひぃ!ごめんなさい!!」

シンジ「ケンスケ…巻き込んでごめん」
9:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/12(水) 23:13:35 ID:Ku8nbM8k
〜アスカ・鈴原サイド〜

アスカ「おっそいわね〜アイツ…」イライラ

トウジ「お、式波ぃ!もう来とったんか」

アスカ「遅い!な〜にがもう来とったんかよ!!」

トウジ「せやかて」

アスカ「アンタもしヒカリにもこんな態度だったらヒカリが許してもアタシが許さないわ!」

トウジ「…すまん式波…堪忍してや」

アスカ「まあいいわ!さっさと買い物済ませるわよ!」

トウジ「…はい」
10:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/12(水) 23:23:54 ID:Ku8nbM8k
アスカ「そういやアンタ…」ジロジロ

トウジ「な、なんや!?」

アスカ「ちゃんとジャージ以外で来たわね」
トウジ「そりゃあんだけジャージだったら殺す言われたらな…」

アスカ「…でももっとオシャレしなさいよ…まぁヒカリなら文句言わないどころかカッコイイって言うわね」

トウジ「…せやろか」
11:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/12(水) 23:29:54 ID:Ku8nbM8k
アスカ「…あと」

トウジ「ま、まだあるんか」

アスカ「デートの最初に女の子の服装は誉めなさいよ」

アスカ「まあアンタはヒカリしか見てないだろうけど」

トウジ「んなっ!?」
アスカ「ヒカリにはちゃんとしなさいよ」

トウジ「…はい」

アスカ「よし!じゃあ目当ての物を買いに行くわよ」スタスタ

トウジ「へ〜い」トボトボ
12:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/12(水) 23:35:14 ID:Ku8nbM8k
〜追跡組〜

ヒカリ「動いたわ…」

シンジ「ああ…」

ヒカリ「気づかれないように追跡するわよ」

シンジ「…問題ない」

ケンスケ「…問題ありすぎだよ」

ヒカリ「…盗聴機が欲しいわね」

シンジ「…委員長」

ヒカリ「何かしら?碇くん?」

シンジ「…父さんに頼んでみる」ピッピッ
14:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/12(水) 23:38:58 ID:Ku8nbM8k
シンジ「…もしもし父さん」

ゲンドウ「なんだ?シンジ?」

シンジ「…頼みがあるんだけれど」

ゲンドウ「言ってみろ…」

シンジ「実は…かくかく然々で…盗聴機が…」

ゲンドウ「…構わんが…どうやって仕掛ける?」

シンジ「…あ」
15:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/12(水) 23:44:21 ID:Ku8nbM8k
ゲンドウ「やはり考えていないか…」

シンジ「…ごめん、父さん」

ゲンドウ「…お前たちに付けている諜報員を使え…」

シンジ「えっ!?」

ゲンドウ「…問題ない…私が話をつけておく」

シンジ「…ありがとう、父さん」

ゲンドウ「…構わん」プツッ
16:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/12(水) 23:50:46 ID:Ku8nbM8k
諜報員A「…碇シンジくん」

シンジ「…来たか」

ヒカリ「誰?」

ケンスケ「え…何この黒服?」

諜報員A「先程碇司令によりご子息に我々諜報員の指揮を全権委任すると通達があった」

シンジ「…では…アスカとトウジに盗聴機を仕掛けてもらえますか?」

諜報員A「…容易いことだ」

シンジ「…では頼みます」
18:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 00:01:03 ID:Ku8nbM8k
ヒカリ「碇くん…今のは?」

シンジ「NERVの諜報員だよ、彼らに盗聴機を仕掛けてもらうんだ」

ケンスケ「…ええっ!?たかが中学生のデートにNERV関わらせんの!?」

ヒカリ「たかがじゃない!」ドンッ

ケンスケ「ごめんなさいっ」

シンジ「そのためのNERVだ」ニヤリ

ケンスケ「…絶対違うよ」
19:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 00:08:30 ID:Ku8nbM8k
〜アスカ鈴原サイド・時計店〜


アスカ「まだあるといいんだけど」キョロキョロ

トウジ「…ここにあるんか?」

アスカ「そうよ、この前ヒカリとウィンドウショッピングした時に見つけた…あ、あったあった」

トウジ「これか?」

アスカ「可愛いでしょ?この腕時計」

トウジ「よぅわからんが…」

アスカ「可愛いってヒカリも言ってたわよ」
トウジ「さよか…お値段は…まあギリギリ許容範囲か」

アスカ「決まりね♪早く買ってきなさい」

トウジ「…わかったわ、すんまへ〜ん」
20:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 00:12:30 ID:Ku8nbM8k
諜報員B「いらっしゃいませ…」

トウジ「この時計欲しいんやけど…」

諜報員B「畏まりました…9800円になります」

トウジ「ほな、一万円で…」バリバリ

諜報員B「…200円のお返しです。ありがとうございました」

トウジ「ど〜も〜」
30:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 01:15:08 ID:eya1XuUM
21:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 00:18:29 ID:Ku8nbM8k
トウジ「買うたで〜」

アスカ「ん〜」ジーッ

トウジ「何見とんのや?」

アスカ「この時計…なかなかカッコイイわ」

トウジ「どれ?あ〜流石碇夫人お目が高いわ」

アスカ「何よそれ」

トウジ「それセンセもカッコイイ言うてたヤツや」

アスカ「シンジも?」

トウジ「ああ、この前ケンスケとセンセと三人で来た時に見てたわ」
22:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 00:21:18 ID:Ku8nbM8k
アスカ「ふ〜ん」

トウジ「でもなかなかのお値段やろ?センセも高いなあ言うてたし…ワシら中学生には手が出せん」

アスカ「鈴原ちょっと先に店出てて」

トウジ「なんや?」

アスカ「いいから」グイグイ

トウジ「わかった、わかったから押さんといて〜な」
23:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 00:26:56 ID:Ku8nbM8k
〜追跡組〜

ケンスケ「…トウジだけ出てきたね」

ヒカリ「買ったわ」

シンジ「…ああ」

諜報員A「…碇シンジくん」

シンジ「…なんだ」

諜報員A「盗聴機は仕掛け終わった」

シンジ「…そうですか…ご苦労様です」

諜報員A「…これが受信機だ」

シンジ「ありがとうございます」

諜報員A「では…我々は元の任務に戻る」

シンジ「はい」
25:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 00:35:02 ID:Ku8nbM8k
〜アスカ・鈴原サイド〜

アスカ「お待たせ」

トウジ「式波もなんか買うたんか?」

アスカ「ンフフ♪ま〜ね」

トウジ「…ところで式波」

アスカ「あによ?」

トウジ「なんか店員がおかしなかったか?黒づくめにサングラスて、しかも無愛想」

アスカ「…」

トウジ「…前に来たときにはおらんかったと思うんやけど…どないした?黙りこくって?」

アスカ「…アンタの言葉で碇司令が真っ先に浮かんだわ」

トウジ「碇司令てセンセの…?」

アスカ「そ〜よ」

トウジ「大変やな…センセ…」
26:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 00:55:38 ID:Ku8nbM8k
アスカ「さてと、買い物は済んだし」

トウジ「せやな」

アスカ「ご飯食べに行きましょうか」

トウジ「…せやな」

アスカ「約束通り、アンタのオゴリで♪」

トウジ「…はい」

アスカ「ステーキとか良いわねぇ♪」

トウジ「…堪忍して下さい式波さん…」
27:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 01:00:50 ID:Ku8nbM8k
アスカ「?あれ…」

トウジ「なんや?」

アスカ「ファーストじゃない?」

トウジ「ホンマや…こないなとこに来るんやな…綾波も」

アスカ「なんか一心不乱に真っ直ぐ歩いてるわね」

トウジ「…その先は…たい焼き屋か?」

アスカ「ちょっと行ってみましょ♪」スタスタ

トウジ「待ち〜なや式波」テクテク
28:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 01:06:45 ID:Ku8nbM8k
〜たい焼き屋前〜

レイ「全種類二つずつ…」

たい焼き屋「あいよ!」ガサガサ

たい焼き屋「お嬢ちゃん一個サービスするよ!何味がいい?」

レイ「…クリーム」

たい焼き屋「あいよ!お待ちどおさま!」
ガサッ

アスカ「ファースト!」

レイ「…何?弍号機の人…と鈴…?くん」

鈴原「鈴原や」

レイ「…何?

アスカ「アンタをこんな所で見るなんて珍しいから声かけたのよ」

レイ「…そう」
29:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 01:14:43 ID:Ku8nbM8k
鈴原「綾波ってたい焼き好きなんか?」

レイ「…絆だから…」
アスカ「絆?」

レイ「…そう」
31:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 01:17:32 ID:Ku8nbM8k
〜レイ・回想〜

ゲンドウ「レイ…今日はお前に服を買うぞ」
レイ「…ええ」

レイ「…」チラチラ

ゲンドウ「どうした?レイ?何か気になるのか?」

レイ「…アレは何?」

ゲンドウ「たい焼きか…」

レイ「…たい焼き?」

ゲンドウ「そうだ…たい焼きだ」
32:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 01:21:59 ID:Ku8nbM8k
レイ「…食べ物?」

ゲンドウ「そうだ」

レイ「…私は食べたことがないわ…」

ゲンドウ「…レイ」

レイ「…はい」

ゲンドウ「遅れているな…」クイッ

レイ「…遅れた?…流行なの…?」

ゲンドウ「ああ…皆すでに食べている」

レイ「…そう…私は乗り遅れたの…」

ゲンドウ「…買っていくか…レイ?」

レイ「…!」コクン
35:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 01:30:02 ID:Ku8nbM8k
ゲンドウ「すまん」

たい焼き屋「らっしゃい!」

ゲンドウ「…今は餡とクリームの他もあるのか…
全種類を二つずつくれ」

たい焼き屋「毎度!」ガサガサ
たい焼き屋「お待ち!」ガサッ

ゲンドウ「…レイ、お前が持て」

レイ「…暖かい…ぽかぽかする…

レイ「碇司令」

ゲンドウ「なんだ?」
レイ「…全部食べていい?」

ゲンドウ「…私にも食べさせてくれ…」
36:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 08:23:42 ID:Ku8nbM8k
〜たい焼き屋前〜

レイ「…絆だから」キリッ
アスカ「よくわからないけどまぁいいわ」

トウジ「ええんか式波」

レイ「…じゃあ私は帰るわ」

アスカ「ええ」

トウジ「また学校でな、綾波」

レイ「…(たい焼きが暖かいうちに帰らなくては)」スタスタ
37:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 12:27:06 ID:Ku8nbM8k
〜追跡組〜

シンジ「…どう?何か聴こえる?」

ヒカリ「う〜ん…ガサガサ音はするけどあんまり話声は聴こえない」

ケンスケ「…さっき買った物の袋にただ盗聴機入れただけなんじゃ…」

シンジ「…まさか」

ヒカリ「…無様ね」
38:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 12:33:42 ID:Ku8nbM8k
ケンスケ「あ、二人が移動するみたいだよ」

ヒカリ「急いで追うわよ!」タタタッ

シンジ「うん」タタッ



ケンスケ「あれ?誰かと話してる」

シンジ「…あれは綾波だね」

ヒカリ「たい焼き食べるんだ…」

シンジ「話終わったみたいだね…こっちに来る…帰るのかな?」

ヒカリ「捕まえて事情聴取するわ!」
39:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 18:43:43 ID:Ku8nbM8k
レイ「…」スタスタ

ヒカリ「綾波さん!」

レイ「…学級委員長…こんにちは…ではまた」スタスタ

ヒカリ「待ってよ」

レイ「…急いでいるの」スタスタ

シンジ「綾波、委員長の話聞いてよ」

レイ「…シンくん?」

ケンスケ「止まった」
40:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 18:56:50 ID:Ku8nbM8k
ヒカリ「…綾波さん、二人に会って話してたよね?」

レイ「…ええ」ソワソワ

ヒカリ「…二人はどんな感じだった?」

レイ「…ええ」ソワソワ

シンジ「綾波?なんか落ち着きないね?」

レイ「…早く帰らないとたい焼きが冷めてしまうから…」

シンジ「レンジで暖めたら」

レイ「…それはイヤ」

ケンスケ「なんで?」

レイ「…下にした方が水で濡れたようになるから」
41:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 18:59:42 ID:Ku8nbM8k
シンジ「あ〜…」

レイ「だから早く帰りたい」

ヒカリ「…綾波さん」

レイ「何?」

ヒカリ「オーブントースターで焼けばいいわ!」

レイ「オーブントースター?」

ヒカリ「そう!焼いたら外側がカリカリになって美味しいよ」

シンジ「あ〜…メロンパンもちょっと焼いたら美味しいよね」
42:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 19:05:56 ID:Ku8nbM8k
レイ「…シンくん」

シンジ「何?」

レイ「メロンパンって何?」

ケンスケ「知らないの?」

ヒカリ「メロンパンは甘いお菓子みたいなパンよ」

レイ「それは何処にあるの?」

シンジ「コンビニでも売ってるけど…パン屋さんにもあるよ」
43:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 19:08:28 ID:Ku8nbM8k
ヒカリ「綾波さん!あそこのパン屋さんでメロンパン買ってあげるから二人がどんな感じだったか教えて!」

レイ「…いいわ」

シンジ「ありがとう綾波」

ケンスケ「…メロンパンでいいんだ…」

ヒカリ「じゃあ早くパン屋に行くわよ!」
44:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 19:11:45 ID:Ku8nbM8k
〜ベーカリー〜

店員「ヘラシャーッ」

ヒカリ「メロンパン下さい!」

レイ「…3つ」

シンジ「3つも欲しいの?」

ケンスケ「…このいやしんぼめっ!てか」ボソッ

レイ「…ええ」

ヒカリ「…碇、構わないわ!3つ下さい」

店員「ありゃしたー」
45:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 19:14:29 ID:Ku8nbM8k
レイ「…ありがとう学級委員長」

ヒカリ「…話聞かせてね」

レイ「…わかったわ」

ヒカリ「…二人はどんな感じだった?」

レイ「…普通」

ヒカリ「!」

レイ「…普通だった」
ヒカリ「…ありがとう綾波さん」

レイ「…ええ、じゃあ…また明日」

シンジ「うん、気をつけてね」

ケンスケ「また明日」
46:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 19:17:55 ID:Ku8nbM8k
シンジ「普通か」

ヒカリ「そのようね」

ケンスケ「普通なら別に大丈夫じゃ…」

ヒカリ「甘いわ!」

シンジ「…委員長?」

ヒカリ「あの二人なら慌てて綾波さんに言い訳したり他人には話さないように言うはず!」

シンジ「…確かに」

ケンスケ「まあ…それもそうだね」

ヒカリ「でも普通に会話した…つまり…わかる?碇くん」
47:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 19:21:31 ID:Ku8nbM8k
シンジ「…どういう意味だ?洞木?」

ヒカリ「…つまりもう公にしても構わない仲ってことよ」

ケンスケ「…いや…委員長考えすぎだよ」

シンジ「…流石です、委員長」

ケンスケ「納得しちゃったよ!」

ヒカリ「これはマズいわ!」

ケンスケ「…そういやパン屋行ったりしてたから完全に見失ってるね」
48:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 19:26:50 ID:Ku8nbM8k
ヒカリ「しまった!」

シンジ「…問題ない」ピッピッ

シンジ「…私だ…二人の居場所は…?」

シンジ「…そうか、ご苦労」ピッ

ヒカリ「…わかった?」

シンジ「…ああ」ギラッ

ケンスケ「…何か光った」
50:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 21:24:30 ID:Ku8nbM8k
ヒカリ「…で、二人は?」

シンジ「何を食べるかでまだ迷っていたそうだが結局ハンバーガーにするらしい」

ケンスケ「…トウジお金ないからな…」

ヒカリ「急ぎましょう」タタタッ

シンジ「…ああ」

ケンスケ「…委員長必死だな」
51:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 21:58:29 ID:Ku8nbM8k
〜アスカ・鈴原サイド〜

アスカ「この金髪美少女とのデートでファーストフードとはねぇ…」

トウジ「…え?金髪美少女が何処におるんや?」キョロキョロ

アスカ「…」バキッ

トウジ「あいたっ」

アスカ「…鈴原、やっぱステーキにしましょうか」

トウジ「ホンマスンマッセン!調子こいてました!こないな美少女とハンバーガー食えてめっちゃ幸せです!」

アスカ「…よろしい」
52:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 22:04:59 ID:Ku8nbM8k
〜追跡組〜

ヒカリ「…15分ぶりだわ…」

ゲンドウ「ああ…」

ヒカリ「会話…聴こえるわ」

シンジ「…問題ない」

ケンスケ「…やっぱり盗聴機袋に入ってたんだ…座って動かないから雑音消えたんだな…あ!トウジぶん殴られた」

ヒカリ「…楽しそうね」イライラ

シンジ「…そうだな」
ケンスケ「…にしてもいくら離れてるとはいえ同じ店はマズくない?」

シンジ「…構わん」
53:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 22:08:24 ID:Ku8nbM8k
ヒカリ「虎穴に入らずんば虎児を得ず…か、碇」

シンジ「ああ…洞木」

ケンスケ「…二人が怖いよ」

シンジ「だが…これで様子を伺える」

ヒカリ「…此方も出方を伺えるわね」
54:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 22:13:59 ID:Ku8nbM8k
〜アスカ・鈴原組〜

店員「40番でお待ちのお客様〜」

トウジ「お、来たで式波、此処です〜」

アスカ「あ〜…やっとご飯食べれるわ」

店員「お待たせ致しました、ごゆっくりどうぞ〜」

アスカ&トウジ「どうも〜」

アスカ「いっただっきま〜す」パクッ

トウジ「いただきます」ムグムグ
55:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 22:22:00 ID:Ku8nbM8k
アスカ「しっかし…アンタが付き合ってくれって言ったときは驚いたわ」モフモフ

トウジ「…ワシかて勇気言ったんやで」ジュルジュバー

トウジ「でもまさかあっさりOK出るとは思わへんかった」バクバク

アスカ「ま、アタシの貴重な休日をアンタに使うのを光栄に思いなさいよ」ムグムグ

トウジ「へへー、ホンマ式波様には頭が上がりまへんわ」ペコリ
56:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 22:26:59 ID:Ku8nbM8k
〜追跡組〜

ヒカリ「…」

シンジ「どうした?洞木?」

ヒカリ「…なんか…冷静になるとさ」

シンジ「何です?」

ヒカリ「私は…二人を祝福してあげるべきなんじゃないかなって」

シンジ「…」

ケンスケ「…でも委員長ってトウジを…」

ヒカリ「だからよ…だから…幸せになってくれるならいいかなって…アスカも友達だし」
57:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 22:31:58 ID:Ku8nbM8k
ヒカリ「…ちょっと…お花摘みに行くね」ウルウル ガタッ スタスタ


シンジ「…ケンスケ」

ケンスケ「…怖いよ、顔の前で手を組むのやめてよ」

シンジ「ダミープラグを使え」

ケンスケ「…え?」

シンジ「ダミープラグを使えと言っている」
ケンスケ「何だよそれ…」

シンジ「委員長の怒りを再燃させるためだ…」

ケンスケ「…何をするんだよ」
58:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 22:39:54 ID:Ku8nbM8k
シンジ「恐らく委員長はあの二人の仲の良さから身を引こうと考えている」

ケンスケ「…そうだね」

シンジ「…だがアスカは委員長がトウジに好意を持っている事を知っていたはずだ」

ケンスケ「…うん、端から見てもわかりやすかった」

シンジ「ならば…その委員長の思いを蔑ろにし奪わんとする、親友の裏切りに怒りが沸くとは思わないかね?」

ケンスケ「…そういう言い方をすれば確かに…」

シンジ「…それがダミープラグだ」
59:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 22:43:41 ID:Ku8nbM8k
ケンスケ「…で?」

シンジ「…その趣旨を君が委員長に伝えろ」
ケンスケ「…ヤダよ」

シンジ「何故だ?」

ケンスケ「…というか何でそんなに碇がムキになるんだよ」

シンジ「…」

ケンスケ「…アスカが好きなんだ?」

シンジ「…」

ケンスケ「アスカをトウジに取られたくないから委員長煽ってトウジを離す気なんだろ?」
60:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 22:51:17 ID:Ku8nbM8k
〜アスカ・鈴原組〜

アスカ「でも今日の事バレたらヒカリきっと泣くわよ〜♪」

トウジ「…なんでや!?」

アスカ「だってヒカリアンタが好きだもの」

トウジ「…好きと言われてもな…」ポリポリ

アスカ「あ〜…アタシもアンタがヒカリに渡すのを見たいわ〜」

トウジ「…んなもん見てもしゃぁないやろ」

アスカ「ヒカリが大泣きすんの見〜た〜い〜♪きっと泣いても可愛いわよ〜」
61:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 22:59:26 ID:Ku8nbM8k
シンジ「…最悪だなアスカ…ちょっと幻滅した」

ケンスケ「…委員長が泣くのが見たいとか鬼だね…って碇…後ろ…」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ


シンジ「い、委員長!?」ビクゥッ

ヒカリ「…」ワナワナワナワナ

ケンスケ「ヤバい!ダミープラグ起動しちゃったよ!」

ヒカリ「ウォォォォォォーッ!!」ダダダッ

ケンスケ「委員長、暴走!目標に高速で接近!」

シンジ「…言ってる場合じゃないよケンスケ!」
62:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 23:04:31 ID:Ku8nbM8k
ケンスケ「そうだね!止めないと!!」

シンジ「トウジとアスカが死んじゃう!」



ヒカリ「ウォォォォォォッ!」ダダダダッ

トウジ「な、委員長!?なんでここに!?って…」ガシィッ グギギギッ

トウジ「あだだだ!?あ、頭が握りつぶされてまう!」

アスカ「ヒカリ!?」
ヒカリ「ウォォォォォォッ!!!」グシャッ
64:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 23:25:24 ID:Ku8nbM8k
シンジ「うわぁぁぁぁぁっ!?」


ケンスケ「…あ…落とした受信機踏み潰しちゃった」テヘッ

トウジ「…い、委員長!?離して!離してくらはいっ!」グギグギッ

ヒカリ「アスカぁぁ」ギロッ

アスカ「!?」ビクッ

ヒカリ「…どういう事なの?今の…」

アスカ「え…」オドオド

ヒカリ「私が泣くのが見たいとか…ねぇ?どうなのよ?」
66:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 23:31:08 ID:Ku8nbM8k
アスカ「アレは…鈴原がヒカリに…」

ヒカリ「何なのよ?鈴原ァッ!?」ギリギリ

シンジ「委員長!?落ち着いて!?落ち着いてね!?」ガシッ

ケンスケ「委員長、ホントにトウジの頭に手形つくって!離して上げて!」ガシッ

ヒカリ「うわぁぁぁぁぁん」
70:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 23:46:08 ID:Ku8nbM8k
ヒカリ「うわぁぁぁぁぁん!!」

シンジ「委員長!?」

ケンスケ「泣かないで!?」

ヒカリ「これでいいんでしょぉぉ!アスカが見たかった泣き顔よぉぉ!!」ボロボロボロボロ


トウジ「…い、委員長…落ち着いてぇな」

アスカ「ヒカリ…」サスリサスリ

ヒカリ「優しくしないで!!」ペシッ ボロボロ

アスカ「…ヒカリ…」ウルウル
71:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/13(木) 23:55:56 ID:Ku8nbM8k
シンジ「…委員長…落ち着いて…」サスリサスリ

ヒカリ「…ひぐっ…えぐっ…」

トウジ「…な、何が起きたんや…何で委員長とセンセとケンスケが…!?」

ケンスケ「…あ〜…その…二人がデートするって碇からメール着て…それで…」

アスカ「何それ!シンジ!どういう事なの?」

シンジ「アスカがトウジとデートって言うから気になって…」
74:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/14(金) 00:02:48 ID:Ku8nbM8k
アスカ「…で?」

シンジ「…その…一人だと心細いからケンスケと…トウジ関係だから委員長に…」

アスカ「…それで?」
シンジ「最初は委員長が熱くなって…追跡して…盗聴機しかけて…」

アスカ「…で、さっきの会話を聞いてヒカリが壊れたのね」

シンジ「…はい」
75:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/14(金) 00:07:14 ID:Ku8nbM8k
アスカ「はぁ…」

トウジ「なんでワシと式波のデートや言うたんや…」

アスカ「ちょっと…バカシンジの反応が見てみたくて…」

ヒカリ「…っひぐっ」

アスカ「ヒカリ…誤解だからね…ごめんね…」

ヒカリ「…え?」

アスカ「…鈴原…」

トウジ「…せやな…ちゃんと話さなアカンな…」
76:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/14(金) 18:15:46 ID:Ku8nbM8k
ケンスケ「あの…」

トウジ「なんや?大事な話しよう思とるのに」

ケンスケ「場所…変えない?」

シンジ「あ…」

ざわざわ…

アスカ「…そうね…」

ヒカリ「…うぅ、恥ずかしい…」

トウジ「…歩けるか?委員長?」スッ

ヒカリ「あ…ありがとう…鈴原」ギュッ

トウジ「…ほな行こか」

シンジ「…うん」

アスカ「…手つないだ」

ケンスケ「イヤ〜ン」
77:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/14(金) 19:19:36 ID:Ku8nbM8k
〜外れの休憩場〜

シンジ「…ここならいいんじゃない?」

トウジ「せやな…あんま人通りも無さそやし…」

ヒカリ「…うん」

アスカ「…そろそろ手離したら?鈴原ヒカリさん」

ヒカリ「えっ…」バッ

トウジ「んあっ」バッ
78:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/14(金) 22:47:29 ID:Ku8nbM8k
ケンスケ「…(なんだよコイツら)」

シンジ「…トウジ話してくれるかな?」

トウジ「ま、大した事やないんやが…式波に買い物付き合うてもろただけや」

ヒカリ「…私だって言えば付き合うのに…」

トウジ「いやいや委員長ではアカンのや」

ヒカリ「…やっぱりアスカが…」ウルウル

アスカ「…鈴原、もう言ったら?」

トウジ「あ〜…もう言うたるわ!」
79:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/14(金) 23:52:31 ID:Ku8nbM8k
トウジ「式波にヒカリにクリスマスにやるプレゼントを選んでもろたんや」

ヒカリ「え…」

シンジ「…そうなの?」

ケンスケ「なん…だと…?」

アスカ「せっかくサプライズにしようと思ってたのにねぇ…」

トウジ「…まさか本人にバレてまうとはの…」ガッカリ
80:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/14(金) 23:58:02 ID:Ku8nbM8k
ヒカリ「…え…あの…ごめん」

トウジ「…ええよ、バレたもんはしゃあない」

ケンスケ「あんなに人を騒がせておいて…ラブラブかよ…」

シンジ「…ホントにねぇ…」

アスカ「…シンジ」

シンジ「え…何?アスカ?」

アスカ「騒ぎの原因はアンタでしょうが!!」バキッ

シンジ「痛いよアスカ!?」

ケンスケ「…重いローだ…」
81:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/15(土) 00:01:59 ID:Ku8nbM8k
トウジ「…というわけやから…ホレ、委員長」ガサッ

ヒカリ「え…今くれるの?」

トウジ「バレたんやから隠さんでもええやろ」

ヒカリ「…今はいいよ、鈴原…」

トウジ「…委員長」

ヒカリ「クリスマスに渡して…私もトウジにプレゼントあげるから」

トウジ「…でもコレはいつもの弁当のお礼にと…」

ヒカリ「いいから」

トウジ「…でも」
82:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/15(土) 00:06:42 ID:Ku8nbM8k
ヒカリ「いつもお弁当美味しそうに食べてくれるから…そんな鈴原を見てるしお礼なんていいよ…」

トウジ「なら…クリスマスにプレゼント交換でええんか?」

ヒカリ「…うん」

トウジ「…さよか」ポリポリ

トウジ「…ほんなら…今日はもう帰ろか?委員長?」

ヒカリ「…そうね」

トウジ「ん…」スッ

ヒカリ「…うん」ギュッ
83:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/15(土) 00:10:20 ID:Ku8nbM8k
ヒカリ「…じゃあね♪アスカ…ごめんね」

アスカ「いいわよ…誤解も解けたしね」

ヒカリ「ありがとうアスカ」

トウジ「行くで委員長…」グイッ

ヒカリ「…そんなに引っ張らないでよ」テクテク

トウジ「…すまん」テクテク
84:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/15(土) 00:13:50 ID:Ku8nbM8k
アスカ「…ヒカリ嬉しそう」

シンジ「…そうだね」

アスカ「はぁ〜」

シンジ「何?」

アスカ「疲れたし帰ろっかシンジ」

シンジ「うん」

アスカ「…手は?」

シンジ「え?」

アスカ「お手!」スッ

シンジ「ええっ!?」ポフッ

アスカ「よし!」ギュッ
85:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/15(土) 00:20:33 ID:Ku8nbM8k
アスカ「〜♪」ギュー

シンジ「アスカ…そんなに強く握らないでよ…」

アスカ「あによ!人が鈴原とデートって言ったときはスルーしたくせに!」

シンジ「…だって一瞬気づかなくて…」

アスカ「でもまぁ…妬いてくれたんならいいかな…」ニコニコ

シンジ「…ごめんね」

アスカ「じゃあ今日は唐揚げで♪」スタスタ

シンジ「うん…じゃあついでに買い物を…」スタスタ
86:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/15(土) 00:24:21 ID:Ku8nbM8k
ケンスケ「…」

ケンスケ「…帰ろう」
ケンスケ「…僕だけ独りか…ハハ…」ポロッ

ケンスケ「…おかしいな、眼から汗が出てきたよ…」ゴシゴシ

ケンスケ「…帰ろう…うん…」
95:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/16(日) 04:56:56 ID:9Bx88aXo
ケンスケとはいい酒が飲めそうだ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003M24MTS/ref=nosim/
87:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/15(土) 00:29:05 ID:Ku8nbM8k
〜NERV・司令室〜

ゲンドウ「…うまくいったようだな」

冬月「…碇」

ゲンドウ「なんだ冬月?」

冬月「息子に盗聴機を仕掛けるのはやり過ぎではないか?」

ゲンドウ「…構わん」

ゲンドウ「…アスカくんにはシンジと早く子供を作ってもらわねばならんからな」
89:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/15(土) 00:31:50 ID:Ku8nbM8k
冬月「…だがまだ中学生だぞ、碇」

ゲンドウ「…早いに越したことはありませんよ…先生…」

冬月「…しかしだな」

ゲンドウ「…問題ない」

冬月「大有りだぞ…」
90:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/15(土) 00:44:16 ID:Ku8nbM8k
冬月「…しかし解らんな」

ゲンドウ「何がだ?冬月」

冬月「君が式波くんに入れ込んでいる事だよ」

ゲンドウ「…金髪だからだ」

冬月「何…?」

ゲンドウ「私は金髪の孫娘が欲しい」

冬月「…お前が金髪好きとはな」

ゲンドウ「…」
91:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/15(土) 00:48:38 ID:Ku8nbM8k
パシュ

リツコ「ゲンきゅ〜ん♪」フリフリ

ゲンドウ「…リッたん!今日は日曜日だよ?休みじゃ…」

リツコ「ゲンきゅんに会いたいから来ちゃった♪」

ゲンドウ「リッたん…」ウルウル

ゲンドウ「…先生」

冬月「…なんだ碇」

ゲンドウ「…私は帰ります」

冬月「…そうか」
92:名前:以下、名無しが深夜にお送りします[]:2012/12/15(土) 00:51:13 ID:Ku8nbM8k
ゲンドウ「一瞬に帰ろう♪リッたん♪」

リツコ「お仕事はいいの?ゲンきゅん♪」

ゲンドウ「…もう終わったから大丈夫」

リツコ「やった〜♪私ゲンきゅん独り占めだね♪」


パシュ

冬月「…金髪か…」


〜完〜
その2前編へ続く
元スレ: http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1355318172/
ジグソーパズル プチ2 エヴァンゲリヲン新劇場版 500スモールピース 式波・アスカ・ラングレー (16.5cm×21.5cm、対応パネル:プチ2専用)


2012-12-27 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © SSまとめ部 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。