しんのすけ「あいちゃん…」その1 - SSまとめ部

しんのすけ「あいちゃん…」その1

クレヨンしんちゃん あいちゃん編 (アクションコミックス) [コミック]


1:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 01:30:10.18 ID:kyavB9Kui
しんのすけ「あいちゃん…」


あい「どうしました?」


しんのすけ「俺達さ、その、付き合わない…?」


あい「えっ」



2:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 01:33:49.75 ID:kyavB9Kui
野原しんのすけ
大学4年生。


東京で一人暮しを初めてもう随分たった。

大学生活も充実してた。
そこそこの企業の内定ももらって、バイトをしながらたまに大学に行く日々を送っていた。


----プルルルルル-----プルルル



携帯が鳴った



5:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 01:37:29.60 ID:kyavB9Kui
しんのすけ「もしもし」


あい「しんさま、こんにちは。」


あいちゃんだ。
あいちゃんとは幼稚園で別れてからずっと会ってなくて、中学生の時に偶然再会した。


それから連絡先を交換してたまに会っていた。


幼稚園の時から変わらず、オラ…いや、俺を好きでいるみたいだ。


なんでこんなに俺だけを慕っているんだろう…相当美人になったあいちゃんはモテるに違いない。



8:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 01:43:44.00 ID:kyavB9Kui
しんのすけ「おう、どうしたの?」


あい「あのっ、しんさまは、年末はご実家に帰りませんの?」


しんのすけ「ん、あぁ、1日の夕方からバイトあるし今年は帰らないよ」


あい「そうですの…」


しんのすけは悟っていた。大体電話をする時は俺の家に遊びに行きたいっていう時だ。

今日は大晦日。
友達との予定も特にないし、、、


あいちゃんを初詣にでも誘ってみようかな…1人で過ごすのも少し寂しい…



10:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 01:54:24.70 ID:kyavB9Kui
しんのすけ「あいちゃん、暇だったら初詣行かない?」


あい「本当ですの?!嬉しいですわ!あいも、お誘いしようと思っていたのです」


しんのすけ「本当?よかった。じゃあ、いつでもいいから俺の家来て。ついでに夕飯も一緒に食べよう」


あい「分かりましたわ。じゃあ夕飯の買い物をしてから、しんさまの家に行きますわ」


しんのすけ「ごめんね、ありがとう」


あい「16時過ぎ頃にお伺いしますわ」


しんのすけ「わかった、じゃあまたね」


あい「では、また」

ピッ



11:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 01:56:04.64 ID:kyavB9Kui
そうと決まれば、部屋でも掃除するか…


----プルルルルル----プルルルルル


また電話が鳴る


ピッ

しんのすけ「なに」


ひまわり「あっ、兄ちゃん!?電話したのに話し中だから!またあいさんと電話してたでしょー!」


妹のひまわりだ。



17:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 02:06:01.77 ID:kyavB9Kui
しんのすけ「あー、うんまぁね」


ひまわり「本当に仲いいね〜。早く付き合えばいいのに」


しんのすけ「別にそんなんじゃないから…用それだけなら切るけど」


ひまわり「あっ!待って待って!用はある!父さんと母さんがね、お正月くらい帰ってこないのかって!」


しんのすけ「んー、1日は夕方から深夜までバイトあるからなー。帰るなら2日の夕方かな」
 

ひまわり「本当?!じゃあそう伝えておくね!絶対帰ってくるんだゾ!」


しんのすけ「はいはい」



20:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 02:07:32.30 ID:kyavB9Kui
げっ、もう13時だ。
さっさと片付けないと…


年末のあんまり面白くない特番を見ながら片付けはじめた。


しんのすけ「ローラの写真集どこに隠そう…」



21:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 02:13:25.81 ID:kyavB9Kui
そして16時をまわった頃

ピンポーン

インターホンがなった

ガチャ…



あい「失礼しますわ」


しんのすけ「わざわざありがと、入って」


今日は晴れているが、北風がとても冷たい。あいちゃんは鼻とほっぺたを真っ赤にして来てくれた。


しんのすけ「座って、温かいカフェオレでもいれるよ。」


あい「ありがとうございます、しんさま。」


しんのすけ「あぁ…」

しんさまって呼ばれるの恥ずかしいんだよなぁ。
でもそう言ったら傷つきそう。



カフェオレをいれて、テレビを見ながら2人でぐだぐだした。



22:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 02:21:18.18 ID:kyavB9Kui


あい「そろそろ夕飯の支度しますね」


しんのすけ「おー何作ってくれるの?」


あい「やっぱり大晦日なのでお蕎麦にしようかなって…あ、黒磯に頼んでとっておきのシャンパンも用意しましたの!」


しんのすけ「えーお蕎麦とシャンパンって合わないゾ」


あい「確かにそうですわね…ごめんなさい、、、すぐ買い物してきますわ!他の物も作ります!」


しんのすけ「あ…ごめん。じゃあ俺も何か作るよ」


しんのすけは大学に入ってからカフェバーのキッチンでアルバイトをしている。


ありあわせの食材でシャンパンに合いそうなメニューを作った。



23:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 02:29:34.27 ID:kyavB9Kui
あい「流石しんさまですわ!すごく美味しそう!」


しんのすけ「こんなものしか作れなかったけど、とりあえず乾杯するゾ」

………
……


しんのすけ「あれ?あいちゃん?大丈夫?」


あい「…」


しんのすけ「あいちゃんってば!」


あい「ん…あ、すみません…少し、酔ってしまいました…」


そう言ったあいちゃんはほっぺたがピンク色で、目がとろっとしてた。


しんのすけ(あいちゃんって少しネコ目だから、いつもと違うゾ…////)


あい「少し、お水を頂きますわ…」


しんのすけ「……え!あ!水なら冷蔵庫…じゃなくて、それならオラが取ってくるゾ!!」


あい「しんさま…(子どもの頃みたい…)」


しんのすけ「ほい。これ飲んで少しベッドで横になりな」


あい「ありがとうございます…少しの間だけそうさせて頂きますわ…」



26:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 02:39:14.94 ID:kyavB9Kui
あいちゃんは結構酔ってたみたいで、すぐに眠りについた。

すやすやと寝息をたてる姿は、まるで、お姫様みたいだ。

しんのすけ(まつ毛長………なんか、あれ、顔が熱い)

しんのすけ(オラも少し酔ったみたいだゾ。こたつで少し寝るか…)

そうして2人とも眠った。



29:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 02:45:31.24 ID:kyavB9Kui
………カチャ

…カチャカチャ
……

…チャ

しんのすけ(んー……なんの音…)

………
……


しんのすけ「(…んー?)あっ!あれ?あ、寝てたのか…」

ベッドに目をやるとあいちゃんがいない。



あい「しんさま、目が覚めましたのね」


しんのすけ「んあ、あれ、あいちゃんもう大丈夫?」


あい「ええ、おかげさまで。すっかりよくなりましたわ」


しんのすけ「それなら良かった」


あい「あの、寝起きで召し上がれるか分かりませんが…お蕎麦作ったのですが…」


しんのすけ「ほんと!?やったー!食べるゾー!」


あい「ふふ…それならよかった。では、食べましょう」


しんのすけ(あいちゃんいつの間に起きたんだろ。それに洗い物までしてくれてたんだー)



31:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 02:47:22.43 ID:kyavB9Kui
しんのすけ「ふーっ。おいしかったゾ!やっぱ年越しそば食べなきゃダメだよね〜」


あい「そうですわね。あい、しんさまと食べられて、幸せですわ//」

しんのすけ「…あいちゃんって本当物好き。」




時刻は23:40


しんのすけ「お、白組が優勝か〜堀北真希ちゃん、悲しんでるゾ…」


あい「しんさま!あいの事も見てくれなきゃ悲しいです!」


しんのすけ「あーうんうん。」



あい(しんさま…やっぱり…もう…)


しんのすけ「ほら!あいちゃん!年明けるよ!」


あい「へっ…?」


しんのすけ「あけましておめでとー!」


あい「あっあけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたしますわ」


しんのすけ「おー」



32:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 02:54:31.62 ID:kyavB9Kui
あい(しんさまは、もう…振り向…)
しんのすけ「よし!初詣行こ!!」


そう言って素早く支度を始めるしんのすけ。

しんのすけ「お参りするまで並ぶから厚着しなきゃだゾ」


あいちゃんも急いで支度をする。


しんのすけ「あいちゃんマフラー無いの?」


あい「あっ、それが家を出る時少し急いでたので忘れてしまって…」


しんのすけ「ふーん。それじゃ、これ使いなよ、安物だけど。」



35:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:01:31.95 ID:kyavB9Kui
あい「えっ、でも…しんさまが…」


しんのすけ「いいの。風邪ひかせちゃったら黒磯さんに怒られそうだし」


あい(なんで、そんなに優しくしてくれるの……こんなんじゃいつまでも…)



しんのすけ「じゃー、出発!」


あい「おしんこ〜っ♪」


しんのすけ「きゅうりのぬか漬 ……って!言わすなよ…」


あい「ふふっ。やっぱり、しんさまは変わりませんわ」




あい(私への気持ちも、いつまでも、変わらないのでしょうか…)



37:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:11:14.14 ID:kyavB9Kui
しんのすけ「少し歩かせちゃうけど、大きい神社言ってみようか」


あい「はい!なんだかわくわくしますわ!」


しんのすけ「あいちゃんも子供っぽいなー」


あい「あら、そんなことありませんわよ?私だって今年からは社会人ですもの!」


しんのすけ「(あいちゃんは早々に大手の銀行に内定貰ってたっけ…)あー確かになぁ。俺たちもう社会人か…」



38:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:12:06.74 ID:kyavB9Kui
あい「そうですわね…ふたば幼稚園にいる時は、こんな時が来るなんて思いませんでした」


しんのすけ「おれもー。」


あい「そういえば、かすかべ防衛隊のみんなはどうしているのかしら?」


しんのすけ「みんなはね、風間くんは相変わらず頭良いから、一流企業の内定もらってる。ボーちゃんは院生になるって。石の研究してるらしい」


あい「ネネちゃんとマサオも相変わらずかしら?」


しんのすけ「ひまわり曰く仲良くやってるみたい。それに二人目できたらしい!」


あい「まぁ!今年最初の良いニュースが聞けましたわ」


しんのすけ「高校卒業してすぐ結婚したからなー。もう二人目かぁ」


他愛の無い話で盛り上がっているうちに、神社に着いた。



39:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:17:20.31 ID:kyavB9Kui
しんのすけ「うわっ。すごい並んでる…」


あい「2時間くらい並ぶ覚悟はしてましたが…この多さは予想以上ですわ…」


あい「はぐれてしまったら大変ですわ…」


あいちゃんの言葉を聞いたしんのすけは、あいちゃんの手を掴んだ。


しんのすけ「これで安心?」



40:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:19:15.70 ID:kyavB9Kui
あいちゃんの顔が赤くなる

あい「しっ…しんさま…?!//」


しんのすけ「ひまわりの手を繋いであけてた頃を思い出すゾ!」


あい「あ、あはは…そうですの…(子守感覚なのでしょうか…期待してばかみたいです…)」


しんのすけ「あいちゃん…指細くてきれいだね」


あい「あっ、あんまり見られると少し恥ずかしいですわ…//」


あい(ずっと…今がいいですわ…でも…)



41:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:31:05.72 ID:kyavB9Kui
………
……


しんのすけ「もーすぐで順番くるな」

あい「やっと、ですわね!」


しんのすけ「…お?あ、あいちゃんすぐ戻る!並んでて!!」

繋いでいた手をパッと離し、列を抜け人混みに紛れていってしまった


あい「しっ、しんさま?!」


あい(…なんだか…いつもそうなのよね。ようやくつかみかけても、離れてしまう)


5分程たっただろうか、しんのすけが息を切らして戻ってきた。



43:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:32:29.85 ID:kyavB9Kui
しんのすけ「はあっ…はあっ…ごめん待たせて…!」


あい「大丈夫ですが…急にどうしたんですの?」


しんのすけ「あ…あいちゃんに、寒い思いさせちゃったから、これ、飲んで」


そう言って差し出したのは、屋台で買ってきた甘酒だった。


あい「しんさま…私のために…」


しんのすけ「苦手だった?嫌なら他の…」
あい「これがいいですわ!!」


しんのすけ「あいちゃんがそんなに甘酒好きだったとは…」


あい「しんさま、ありがとうございます。あい、嬉しいです」


しんのすけ「…あれ?あいちゃん泣いてる?無理して飲まないで?」


あい「グスッ…ちっ、違いますの!ちょっと熱かっただけですわ」


あい(しんさま…もう、けじめつけなきゃ。)



44:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:34:09.15 ID:kyavB9Kui
しんのすけ(あいちゃん…俯いてる。


オラなんか悪いことしたかな



寝ちゃったからかな…



寒いから??


付き合って無いのに手繋ぐのダメだったかな。


あいちゃんを、笑顔にしなきゃ…


………あっ!甘酒!
もー、これしか方法思い浮かばないゾ!)



45:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:39:41.46 ID:kyavB9Kui
あい「しんさま、ごちそうさまです。とっても温まりました」

にこっとあいちゃんが笑った


しんのすけ「(ドキッ…ななな、やっぱりあいちゃんって可愛い…)あ、あぁどういたしまして」


あい(しんさま、なんだかいつもと違う…)


しんのすけ(なんか今日はいつもよりあいちゃんが可愛いく見える…///)



46:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:41:04.54 ID:kyavB9Kui
そしてやっと順番が来た

しんのすけ「あいちゃんは何をお願いするの?」

あい「それは言えませんわ。言ってはいけませんのよ?」

しんのすけ「そっかぁ…きになる…」


しんのすけ(きれいな女の人と付き合えますよーに!)



あい(しんさまを、諦め…いや…でも…どうしよう。でもいい加減しなきゃ…)



47:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:42:19.01 ID:kyavB9Kui
…ちゃん!あいちゃん!」


あい「えっ?」

しんのすけ「あいちゃん!もう次の人待ってるから行くゾ!」


あい「あぁっ…ごめんなさいっ!」



あい(結局決められなかった…)


しんのすけ「おみくじ引く?」

あい「そ、そうですわね!」



49:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:49:03.87 ID:kyavB9Kui
しんのすけ「やっぱおみくじ引かないとね〜!オラこれ!」

あい「しんさまったら、楽しそうですわね♪私も引きましたわ」

しんのすけ「…カサカサ……お!大吉ー!やったー!

(恋愛は、、、『素直になれ』?オラ素直だと思うけど…)」


あい「私は中吉でしたわ…

(恋愛、恋愛、、『待て』って…何年待ってると思ってるのよ神様…グスッ)」



51:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:54:17.19 ID:kyavB9Kui
しんのすけ「さ、もうすぐ明け方になっちゃう、帰ろっか」


あい「そうですわね」



しんのすけ(素直になれって、どーゆー事だろ。きれいなお姉さんがいたらすぐ声かけてるんだけどなぁ…)


しんのすけはそんな事を考えながら家路についていた。


(きれいなお姉さん、、まぁ、あいちゃんもすごくきれいなお姉さんだよな…チラッ)


しんのすけ「え?あいちゃん泣いてる?」



52:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 03:59:55.84 ID:kyavB9Kui
あい「ぇ…?」


(やだ…わたしったら何泣いて…っ…え、どうしよう…涙が止まりませんわ…)


あい「グスッ…ズズ…ごめんなさ…っ…」


しんのすけ「どうしたの?!どこか痛いの?!あいちゃん?!


(オラが、あいちゃんをお守りしなきゃ…!!!)」



53:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 04:05:15.55 ID:kyavB9Kui
しんのすけ(まだ朝の4時…病院なんかやってないし…あー!もー!)

しんのすけはあいちゃんを抱き抱えた。お姫様だっこだ。


しんのすけ「すぐオラの家着くからね!!」

あいちゃんを抱き抱えたまま家まで走った。



あい(しんさま…なんでいつも優しいの…あいは、いつまで待てばいいんですの…)



55:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 04:15:45.82 ID:kyavB9Kui
走って、走って、やっと家に着いた。

あいちゃんは泣きすぎたのか、よくわからないけど過呼吸になってた。

あい「し…ん…」

しんのすけ「あいちゃん!喋らないでいいから!ね?」

背中をさすってあげても、なかなか落ち着かない。

水も飲めない。

こんなあいちゃん見たこと無い。

しんのすけの手をぎゅっと握って、必死に息を整えようとしている。


しんのすけ「あいちゃん…」


あいちゃんを抱きしめた



56:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 04:22:48.69 ID:kyavB9Kui
あい(こんなに必死なしんさま見たこと無いですわ…

あいは、また迷惑をかけているのですか…

しんさま、ごめんなさい…あいはもう、しんさまを諦め………

え…抱きしめて…)



58:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 04:32:30.33 ID:kyavB9Kui
しんのすけ「あいちゃんごめん…これしか出来ない。子供の頃母ちゃんに抱きしめてもらってすごく安心したんだ…だから…大丈夫だから、ここにいるから…」




どのくらいの時間がたっただろうか。ずっと抱きしめていたら、あいちゃんも落ち着いてきたようだ。


あい「しんさま」


しんのすけ「大丈夫?落ち着いた?」


あい「はい…ありがとうございます…」

微笑みながら言った。



59:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 04:39:13.19 ID:kyavB9Kui
あい「ごめんなさい、新年早々…」

しんのすけ「いや、大丈夫。でもオラがいてよかったな!」

冗談混じりに言う。

あい「えぇ、本当に。しんさまがいて良かった…」

しんのすけ「(ドキッ…)じ、冗談だゾ!?あ、ああっ!ほら!外見て!初日の出!」

あい「初日の出ですけど…もう6時ですわ…しんさまったら…」



61:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 04:42:42.26 ID:kyavB9Kui
あい「でも、しんさまとこうして初詣行ったり、初日の出見られたり…あいは幸せ者ですわ…」


しんのすけ「それ、本当の気持ち?」

あい「あたりまえですわ。何年かかったら伝わるんですの?」



しんのすけ「………今?とか?」



62:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 04:50:37.84 ID:kyavB9Kui
しんのすけ「なーんて!」

あい「しんさまったら、意地悪いですわ」






しんのすけ「あいちゃん…」

あい「どうしました?」

しんのすけ「俺達さ、その、付き合わない…?」

あい「えっ」



しんのすけ「いや、だからさ、俺、あいちゃんのこと、好きだ…」

「今まで俺なんか、俺なんか、って遠慮してたから、あいちゃんに俺は勿体無いと思ってたから、こういう気持ち気付けなかったのかな…」




ちゅっ



63:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 04:57:18.22 ID:kyavB9Kui
不器用だけど、あいちゃんのほっぺにキスをしてみた


しんのすけ「やっと素直になれた。あいちゃんのおかげ」


あい「しんさま…グス…」


しんのすけ「あいちゃんまだ泣くの?!」

あい「だって、嬉しいんですもの…しんさま…大好きですわ」

しんのすけ「なんか改めて言われると恥ずかしいゾ」

あい「ふふ…いつものしんさまに戻りましたわね。格好つけて俺って言わなくなっていいんですよ?」

しんのすけ「だ…///だって、シュチュエーションとか、雰囲気とかあるし!」



65:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 05:08:32.09 ID:kyavB9Kui
あい「しんさ
しんのすけ「あのさ!オラ眠いからもう寝るぞ!バイトあるし!」

あい「話をそらさないでください!」   





しんのすけ「……あのさ、明日の夕方に春我部に帰るんだけど、一緒に帰らない?オラん家泊まってきなよ」

「それとさ、かすかべ防衛隊の皆にも会いに行くゾ。近況報告しに」


あい「あの、ご、ご実家にお邪魔してよろしいのですか…?」

しんのすけ「父ちゃんも母ちゃんも喜ぶし、ひまわりが1番歓迎してくれるゾ。大丈夫」

あい「…じゃあ、お言葉に甘えて」





「これからよろしくね」




end



66:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 05:13:42.57 ID:kyavB9Kui
なんだかんだ最後まで書けました!
リアルタイムっぽいのが書けて、それだけで満足です。

クレしんは鬱endが多いので、絶対ハッピーエンドにしたかったのです。

初SSなので読みづらい、伝わらない、合致しない点も多いと思いますがどうかお許しください。

少しでも読んで下さった皆様ありがとうございました。

よいお年を!



74:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 11:11:51.52 ID:reQs7WYr0
番外編はよ



75:名も無き被検体774号+[]:2013/01/01(火) 11:30:26.12 ID:VkSnSEIw0
続編希望!



クレヨンしんちゃん あいちゃん編 (アクションコミックス) [コミック]


2013-01-02 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変楽しく読ませていただきました!挙げ足をとるようで感じ悪いんですが「シュチュエーション」ではなく「シチュエーション」なんです。しんちゃん得意の言い間違いかとも思ったのですが、あいちゃんのツッコミがなかったので少し気になってしまいました。続編期待していますm(__)m
Posted by BAMOS at 2015.06.08 11:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © SSまとめ部 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。